こけしコンクール

全日本こけしコンクールに行ってきました!

いい天気が続いていますね!
昨日・今日と全日本こけしコンクールが宮城県白石市で開催されています。
昨日、主人と行ってまいりました!
とってもいいお天気で新緑もまぶしく、まさにドライブ日和(*^_^*)

コンクール会場には12時半頃到着しました。
まずはコンクール受賞作品を見に行きましたよ(*^^)v
地元の新聞によると、なんと740点もの作品が出品されたそうです!!
受賞作品はそのうち65点。ひな壇に飾られていました。
選ばれるのってすごいことなんですね~!

その中でも最優秀作品に贈られる内閣総理大臣賞の鈴木征一工人の作品、本人型ガラ入れ 1尺 です。
納得の美しさ。使っている木も惚れ惚れするものでした。さすがです!!


ガラ入りとのことですが、作品には手を触れることはできないのでどんな音がするかは分りません(>_<)
と思っていたら…動画発見!NHKで放送されたようです(*^▽^*)
https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190503/0005419.html

実演工人として会場にいらした鈴木工人と少しお話をすることができたのですが、主人は今回のこの受賞作品と鈴木工人との会話から多くのことを学んだようです。
これからの製作にいい刺激になって作品に表れるといいですね☆

そして我が夫の入賞作品はこちら↓

栄治型くびれ上下枝梅(武田型)1尺2寸です。
受賞作品の中では一番大きなサイズでしたので、ちょっと目立ちました(*^^)v

その他に受賞した作品で気になったのがやはり白石温麺賞です( *´艸`)

これは「想ひのあかり」と名前が付けられた第5部の作品です。
このコンクールでは第1部から第5部までに分かれていて、コンクール開催要項によると次のようになっています。
第1部:伝統こけし
第2部:新型こけし
第3部:創作こけし
第4部:木地玩具(ロクロ技術を主体とした玩具)
第5部:応用木製品(ロクロ技術を主体とした日常生活用品や木製品)

この作品もロクロ技術で作られているんですね!ロクロってスゴイ(*^▽^*)
明かりが灯ったところを見てみたいものです。

他には2部、3部でとても可愛らしいこけしが受賞していました(^_^)/
女性らしい、優しい雰囲気ですよね~。
手に取ったらあたたかさが伝わってきそうです( *´艸`)

もう一つ、気になったのがこちら。

こちらも第5部木製の生活用品ですね。
お皿とお茶碗(もしくはお椀)と盃で富士山になっています!あぁ、触ってみたい(笑)

どれもこれも渾身の作品ばかりで、とても見ごたえがありました。

こけしコンクールと一緒に地場産品祭りも開催されていて、こちらも興味深く見てきました。
白石では温麺(うーめん)というそうめんのような乾麺が有名なのですが、温麺売場でこんなものを見つけ、あまりのかわいらしさに買って帰ってきました!

食器を洗うのも少し楽しくなりそうです!

コンクール会場では他にも写真展もありました。
その名も「レジェンド工人写真展」。
昨年弥治郎こけし村で初挽きをした裕介工人の写真もありました!

写真を写真に撮ると絵のようになりますね~(^^;)
さすがプロの写真です、今にも音が聞こえてきそうでした☆
そしてわたしはちょっと懐かしいなぁ~と感慨深いものがありました。

コンクール会場を一周して工人さんたちともご挨拶をさせていただいて、16時前に会場を後にし、行って見たかった白石城へ行きました!!

白石城は平成7年に復元されたお城だそうです。
天守閣に登ると白石の町が一望でき、とても気持ち良かったですよ。
白石まで行かれたら是非行ってみてください!

その後主人は弥治郎工人会へ出席。
わたしはその間スーパーでブラブラしていたのですが、ここでも買わずにいられないこんなものを見つけました!

はい、納豆です。
誰かと一緒にいたら「おぉ~!ここにもこけし!!!」と騒いでいたと思いますが、一人だったのでこれは心の叫びになりました(笑)
宮城県亘理町で作られている納豆。
美味しかったんです、とっても。
こちらの会社のホームページを見ると、こけしの絵がパッケージに描かれている商品の多いこと!
通販もされているみたいですよ。

こけしを満喫した一日となりました~。
興奮冷めやらぬうちにブログにまとめられて良かったです!
令和最初のブログがぎっしりこけしになってホッとしています(*^_^*)
読んでいただいて、ありがとうございました(*^_^*)

2019年5月4日 みやび

全日本こけしコンクール

いわきではいいお天気です!
昨日は日曜でしたし、福島県石川郡平田村では芝桜まつりが始まったので、早速見に行ってきました。
会場のジュピアランドひらたは標高が高いので、芝桜と一緒にソメイヨシノも楽しめました!

一面に咲き誇る芝桜!こけしと一緒に撮りたい!!

 

…持ってない。こけし忘れてきた!!(←わたしらしい(^^;))
ということで、スマホについている福太郎くん出動!!

「キレイだなぁ~。いい香りがする!」と言ってそうでしょ?(笑)
福島では場所によってはまだ桜も楽しめます。連休中にいらしてみてはいかがでしょうか(*^▽^*)

これはジュピアランドひらたの駐車場脇に咲くソメイヨシノです♪
満開です(*^_^*)

桜といえば…

こちらは英之作桜ウグイスです。
ずらっと並べてみました(*^^)v 京都のコトコトこけし博でご注文いただきました印こけしの一部です。
お腹の部分を開けると印鑑がひそんでいます(*^_^*)
ご注文いただきましたお客様、お待たせしております。
写真のとおり出来上がっております。順次発送いたしますので、もうちょっとだけ、お待ちくださいね。

さてさて、来月3日から5日にかけて、宮城県白石市で毎年恒例の全日本こけしコンクールが開催されます。
コンクールの審査はすでに終わっておりまして、木地処さとうでは英之工人が朝日新聞仙台総局賞を受賞しました!審査結果はホームページ上でも公開されていますよ⇒http://alljapan-kokeshi.com/
今年の内閣総理大臣賞は肘折系の鈴木征一工人。どんなこけしなんでしょうねぇ~☆

審査結果を見ていて気になったのが、今年は「白石温麺賞」というのがあることです。
昨年までは無かったような…。下世話な話ですが、副賞にはやはり白石温麺をいただけるのですかね(笑)
ちょっと羨ましい( *´艸`)

全部で65の賞があるようです。どんな作品が受賞したのか、わたしも主人と3日に見に行きたいと思います!
楽しみです☆
このコンクールの楽しみはやはりたくさんの工人さんとお話できることではないでしょうか?(#^^#)
なんといっても実演工人さんがいっぱいいらっしゃいますものね♪
色々お話することで新たな作品が出来るヒントもあるかもしれません( *´艸`)

大型連休、ご予定がない方は東北旅行なんていかがですか?
桜も芝桜も、こけしもとっても素敵ですよ☆

2019年4月29日 みやび

全国こけし祭りコンクール!

20160907_01.png

9月2日から4日にかけて宮城県大崎市鳴子温泉郷で行われた全国こけし祭り。もう62回目を迎えたそうです。
歴史あるお祭りなんですね。

このお祭りにはこけしコンクールもあり、木地処さとうからも誠孝さん、美喜子さん、英之さん、裕介さんがそれぞれ出品しました。

出品されたこけしは全部で278本だそうです!そのうち受賞したこけしは31本。なかなかに狭き門ですね~。
木地処さとうからは英之さんが「NHK仙台放送局長賞」を受賞しました!!
おめでとうございます \(*^▽^*)/

 

と、いうことで授賞式に行ってきました!

私たちが鳴子に到着したのはお祭り最終日の午後2時過ぎ。
こけしを見たい!買いたい!というこけしファンの方々は早い方だと数日前から並んでオープン待機しているそうで、
遅くてもだいたいお祭り二日目の10時には行かれるそうです。

というのも、こけしコンクールに出品し、受賞しなかったこけしはそのまま販売されるからなんです。
コンクールに出品するほどのこけしですから、工人さんたちにとってはとてもいい出来のこけしです。
そんなこけしを見たい場合には10時に行かないと全部は見れない。売れちゃうから(;’∀’)

わたしたちが到着したときは販売用こけしはスカスカでした(^^;) 
工人さんによっては全部売り切れ(コンクールには一人につき5本まで出品できるんです)。
木地処さとうのこけしも誠孝さん、裕介さんのこけしは売り切れていました。美喜子さんのこけしも残り1本と売れ行き上々でした。
ありがとうございます♪

 

会場内には受賞したこけしが展示されていました。今年の最高賞を受賞したこけしはこちら。

20160907_02.png

土湯系の阿部国敏さんの作品です。福島県からの最高賞受賞は6年ぶりらしく、新聞でも紹介されていました!

20160907_shinbun.png

ちなみにこの新聞、「福島民報」という新聞なのですが福島県の入賞者の名前も載せてくれているのです。
それゆえ英之さんの名前もあります!
小川工房に立ち寄ってくださったお客様が「新聞に載ってたよ~」と教えてくださり、
なんと持ってきてくださいました!(*^_^*)!

 

遅ればせながら、英之さんの受賞作品はこちら。

20160907_03.png

 

伝統こけしをいっぺんに見られる機会はあまりないし、わたしもとても刺激になりました。
主人は家族以外の工人さんと会って話すことができたのが嬉しかったようで、こういう機会を大切にしたいと申しておりました(*‘∀‘)

20160907_04.png

こちらは授賞式の様子。
大人になってから賞状をもらうことってなかなかないよなぁ~、わたしが最後にもらった賞状は何かなぁなんて考えながら授賞式を眺めていました。
わたしは…高校生のときの全日本吹奏楽コンクール金賞受賞が最後?あのとき賞状はもらったっけ?
…それにしても自分一人でもらったものではありませんね(;’∀’)

 

そして会場を出たところに顔を入れて写真を取ることができるこけしを発見!
顔出しを見たら必ず写真を撮っている友達を思い出して( *´艸`)
まずは主人に顔出ししてもらおうとカメラを構えたところに知り合いの方が通りかかり、「撮りましょうか?」と申し出てくださって、お願いしました!

20160907_05.png

わたしもうちょっとしっかり顔を出せば良かった…(+_+)

 

そんなこんなであっという間の鳴子でした。

鳴子温泉にはまだ入ったことがないので、ぜひ次は温泉にも行きたい!

鳴子温泉郷は源泉数400本、泉質9種類だそうですよ!!

そして紅葉は京都に負けないくらい、本当に本当に素晴らしいそうです。

 

温泉に入って、こけしを眺めて、鳴子系のこけしの絵付けもしてみたいものです☆

 

2016年9月7日 みやび

全国こけし祭りコンクール 授賞式

ここいわきでは本当に過ごしやすい気候となりました。朝晩は少し肌寒いくらいで、夜は長袖に薄手の羽毛布団を被って寝るほどです。

これから紅葉も楽しみですね! 今夜は十五夜、澄んだ空にぽっかり浮かぶお月様を眺めてみようと思っています!

 

 

さて、今月6日から8日まで宮城県鳴子で行われました第59回全国こけし祭りにおいて催された全国こけし祭りコンクール、我が木地処さとうからも4人の工人が出品いたしました!

そしてなんと3年ぶり2回目となる4人全員で入賞するという快挙!!271点ものこけしが出品された中から選ばれる作品は審査員奨励賞を除いて30点。そこに4人が入ったのですからすごいことです。(以前の4人同時入賞についてはこちらから→ http://www.kijidaruma.com/hideyuki-blog/2010/09/4.php

今回受賞した賞と作品は次のとおりです。

 

誠孝さん:岩手県知事賞

20130919_01.jpg

 

美喜子さん:産経新聞社賞

20130919_02.jpg

 

英之さん:大崎タイムス社賞

20130919_03.jpg

 

裕介さん:山形県知事賞

20130919_04.jpg

 

 

7日から8日にかけてみんなで表彰式のため鳴子へ行ってきました。

写真は表彰式後の様子です。 みんないい顔をしていますね☆

20130919_05.jpg

 

 

わたしも表彰式の様子を一般席に座って眺めていたのですが、やはり学校の卒業式などとは全然違いますね(笑)賞状をもらうときも「以下、同文。」で済まされることはありません。みんなそれぞれ一枚ずつきちんと読まれた上で手渡されます。

そして当然なのかもしれませんが賞状にも個性があります。例えば美喜子さんがいただいた産経新聞社賞の賞状は真ん中に産経新聞社のマーク(社章?)がどん!と書かれています。また大崎タイムス社賞には大崎タイムスのマークが。大崎タイムスとは宮城県大崎市の地元紙です。この新聞には鳴子のこけし祭りのことが取り上げられた上に文部科学大臣賞(最高賞!)と並んで大崎タイムス社賞がこけしの写真入りで紹介されていました!大崎タイムスのWEB版でも取り上げられていますので、見てみてくださいね。

http://www.osakitimes.com/R/index2.html

(「これまでのニュース」を選択し、9月8日を選んでくださいね。)

 

それにしても鳴子はこけしと温泉の町でした。わたしは初めて行きましたが、あんなにたくさんこけしの工房があるなんてすごいです。お土産物屋さんにもこけしがずらずらずら~っと並んでいます。圧巻です。

 

今回は鳴子の町をゆっくり探訪する時間がなかったので、次は色々歩き回ってみたり、温泉にも入ってみたいです。

鳴子のオススメスポットなど「ここは外せないよ!」という場所があれば是非教えてください!

 

2013年9月19日 みやび

 

 

第32回 みちのくこけしまつり入賞報告

10月27日~28日、山形県山形市 ナナビーンズで第32回みちのくこけしまつりが開催されました。

1年間のうちに、こけしコンクールは大きなものが3つあります。
・全日本こけしコンクール(5月 宮城県白石市)
・全国こけし祭り(9月 宮城県大崎市鳴子温泉町)
・みちのくこけしまつり(10月 山形県山形市)

みちのくこけしまつりは、上の二つに比べて派手さはないものの、審査基準が伝統性に一番のっとっていると言われております。
誠孝さんが平成15年に最高賞の内閣総理大臣賞を受賞したのも、みちのくこけしまつりでした。

今回は誠孝さんと裕介さんが出品して、2人とも上位の賞をいただくことができました!
2012michinoku.jpg


DSC02396.JPG
誠孝さんが林野庁長官賞・裕介さんが岩手県知事賞に輝きました。
これで裕介さんは今年の3つのコンクールで全て入賞したことになりますね!
これはすごいことです。誠孝さんでも昭和59年、昭和61年、平成18年。英之が平成22年に記録した以来のことです。
これからがますます楽しみですね~(^ω^)

他の受賞者一覧は以下の通りです。
2012michinokulist.jpg
 

全日本こけしコンクール 入賞報告

昨夜、全日本こけしコンクールに行っていた家族が帰ってきた。
授賞式に出席、賞状とトロフィーを頂いてきました!

DSC02317.jpg

改めて受賞内容は以下の通り。
工人:弥治郎系 佐藤誠孝 
賞:経済産業大臣賞 
作品名:栄治くびれ梅平頭12号
DSC02305.jpg

工人:弥治郎系 佐藤裕介 
賞:山形県知事賞 
作品名:嘉三郎型くびれ枝梅10号
DSC02306.jpg

その他の受賞作品については、青葉こけし会のホームページで詳しく紹介されています。

また次回も受賞できるよう、日々精進ですね(^ω^)
以上ご報告でした。

第54回全日本こけしコンクール 審査結果

今日から始まった全日本こけしコンクール!
審査結果をご紹介しましょう。

全日本こけしコンクールは、1部~5部まで分かれています。
1部 伝統こけし(系統的な伝統性があり師弟関係が明確であるもの且つ、その工人が製作した本人型も含む)
2部 新型こけし(量産可能で市場性のあるもの)
3部 創作こけし(一品製作芸術的価値のあるもの)
4部 木地玩具(ロクロ技術を主体とした玩具)
5部 応用木製品(ロクロ技術を主体とした日常生活用品や木製品)

私たちが出品したのは、1部の伝統こけしの部。
賞の数は全体で62もありますが、その中で1部の入賞数は29。
伝統こけしだけでなく新型・創作こけしが含まれることもあり、コンクールと即売コーナーを合わせて1万本集まったこともあるらしく、出品数も推して知るべしでかなりたくさんの数が出品されています。
その中で入賞するのは至難のことだと言えると思います。

これまでの木地処さとうの全日本こけしコンクール受賞歴を見ても、誠孝さんが7回(総受賞数34回)、英之2回(総受賞数14回)と、少ないことがおわかりいただけると思います。コンクール受賞歴はこちら

結果は、誠孝さんが経済産業大臣賞を受賞しました!裕介さんは山形県知事賞を受賞!
裕介さんは初出品とのことで、初めてで県知事賞を受賞するということはかなり稀なことだと言えます。
実の弟ながら、すばらしい才覚の持ち主ですΣ(゚ロ゚ノ)ノ

全体の結果は以下の通りです。写真は後日ご紹介しますね(^ω^)

2012shiroishi-01.jpg

2012shiroishi-02.jpg

第57回 全国こけし祭りコンクール

3月11日の東日本大震災から次々と中止になったこけしイベントですが、鳴子の全国こけし祭りは開催されました!

お客さんもたくさん来られたようで、全国のこけし熱は震災を機にますますヒートアップしているような気がしますね。私たちもこの半年間いろんな思いをしてきましたが、コンクールにこけしを出品することができました。

今年は授賞式のみの参加だったので、お祭りの様子を写真に収めることはできませんでした。
こけし祭りの様子は青葉こけし会のホームページに充実していますので、こちらでご覧ください。
http://aobakokeshi.blog97.fc2.com/blog-entry-95.html
私たち以外の受賞作品もご覧いただけます。

今回は私たちを含め86名の出品者があったそうで、平年並というところでしょうか。
今年は誠孝さん、裕介さん、英之の3人が受賞しました!

20110905-2.jpg

今回の木地処さとうのトップ賞はなんと裕介さん!
2回目の出品にもかかわらず、東北森林管理局長賞(上から5番目なんだそうです)を受賞。
2011-09yusukesatou.jpg

続いては誠孝さん。岩手県知事賞を受賞!ちなみに8番目です。
2011-09seikousatou.jpg

そして私。秋田県知事賞を受賞!ちなみに9番目。
2011-09hideyukisatou.jpg

今年は3人で上位の賞をいただけて、びっくりしました。
こけしコンクールはもちろんこけしだけで審査するのですが、何か応援をしてもらっているようで
とてもありがたく思いました。

今回は帰りに、岩出山が噴火したときにできたと言われる「潟沼」に行って来ました。
エメラルドグリーンの美しい湖でした!
20110905-5.jpg

鳴子温泉・全国こけし祭り

今年もこの季節がやってまいりました!

鳴子温泉郷・全国こけし祭りです。
今年は9月2日~4日の日程で開催されます。
詳しくはこちら
http://www.city.osaki.miyagi.jp/day/201108/v-event02.html

20110824_1967812.jpg  

例年通り、全国こけし祭りコンクールが同時開催されます。
昨年は、史上初の家族4人同時入賞を果たした木地処さとうは、今年は福島ではなく群馬からですが、元気に出品します!審査日は9月1日と2日。今年はどんなことになるのか今から楽しみです☆

昨年までの様子はこちらから。
http://www.kijidaruma.com/content/cat183.php

ご都合がよいかたはぜひ足を運んでくださいね。

読売新聞に掲載されました

火曜日の読売新聞に、全国こけし祭りコンクールの受賞に関する記事が掲載されました。
読売新聞に掲載された

福島県内のみしか見れないかもしれませんので、ここで紹介しますね。
他にも近日中に福島県内の新聞などには紹介されるかもしれません。