2012年11月

山河の響き銀座展大作が出ます!

山河の響き銀座展大作が出ます!

11月27日から始まる、山河の響きの会銀座展へ向けて、師匠の誠孝さんは準備を進めています。

会員の合作、七福神こけしセットもかなりの時間をかけて仕上げていました。超ベテランの先輩方が腕によりをかけて挑む七福神はきっと壮観です。僕も今から楽しみです!

今回は誠孝さんは今までにない大作にチャレンジをしています。それは、「弥治郎系小倉派3寸こけし88種セット 特製ケース入り 」。

今までにも、1寸5分極小こけし70種セットを何度か作ってきました。
こけしを作る上で、1種類のこけしを88体作ることと、88種類のこけしを1つずつ作ることは、おそらく後者のほうが88倍の時間と労力が必要だと思います。なので、今までもこれだけの種類を一度に揃えることはなかなかできませんでした。

佐藤誠孝さんはこの道もうすぐ40年。その集大成の作ですので、ぜひご覧頂きたいと思います!ぜひ会場に足を運んでくださいね。

posted by KetaiPost

Monmo 41号に紹介されました。

11月10日発売の、Monmoにこけしの特集が掲載されています。

monmo2012.jpg



内容は、伝統こけしの愉しみや、福島県内の伝統こけし工人をピックアップして紹介されています。

木地処さとうも、英之と裕介さんが1ページ出ています!

福島県には土湯系・中ノ沢、それに会津といわきにこけしを作る工人がいて、福島県にスポットをあてて紹介されることはめずらしいですね。
ぜひ手にとってご覧になってください!

ふくしまを楽しむ大人の情報誌という副題がありますが、主に福島県内での販売なのかもしれません。
お近くの書店になかったら、こちらのアマゾンで買うと送料無料のようですのでご利用下さい。

余談ですが、今日のNHKあさイチで鳴子温泉の特集がされていて、鳴子こけしの柿澤是伸工人と大沼秀顕工人が紹介されてましたね~
いろいろなところでこけしが再認識されているようで、嬉しい限りです(^ω^)

三代目 英之でした。
 

 

第32回 みちのくこけしまつり入賞報告

10月27日~28日、山形県山形市 ナナビーンズで第32回みちのくこけしまつりが開催されました。

1年間のうちに、こけしコンクールは大きなものが3つあります。
・全日本こけしコンクール(5月 宮城県白石市)
・全国こけし祭り(9月 宮城県大崎市鳴子温泉町)
・みちのくこけしまつり(10月 山形県山形市)

みちのくこけしまつりは、上の二つに比べて派手さはないものの、審査基準が伝統性に一番のっとっていると言われております。
誠孝さんが平成15年に最高賞の内閣総理大臣賞を受賞したのも、みちのくこけしまつりでした。

今回は誠孝さんと裕介さんが出品して、2人とも上位の賞をいただくことができました!
2012michinoku.jpg


DSC02396.JPG
誠孝さんが林野庁長官賞・裕介さんが岩手県知事賞に輝きました。
これで裕介さんは今年の3つのコンクールで全て入賞したことになりますね!
これはすごいことです。誠孝さんでも昭和59年、昭和61年、平成18年。英之が平成22年に記録した以来のことです。
これからがますます楽しみですね~(^ω^)

他の受賞者一覧は以下の通りです。
2012michinokulist.jpg