2010年01月

赤ちゃんがかごでネンネ。ねむりえじこ

あかちゃんがかごでネンネ。ねむりえじこ
「えじこ」 とは、昔東北の農家では当たり前に見られた姿です。

子守をしながら農作業をしていた農家の方々が、子供をそばで寝かせておくためにわらで編んだあたたかいかご。それを「えじこ」と呼びました。
nemurilogo2.jpg
そのわらは普通の稲を収穫した後のわらではなくて、まだ生えたばかりのふわふわのやわらかい稲藁で編んだそうです。とてもあたたかく、やわらかい安心できる場所だったに違いありませんね。

ねむりえじこは、そんなあたたかい藁のかごで安らぐ赤ちゃんを表現して作られています。

まるで生きているようにかわいらしく動く姿を動画でご紹介しています。ぜひご覧くださいね。



ねむりえじこはこちらからご覧ください(^ω^)

第52回全日本こけしコンクールのお知らせ

今年もこの季節がもうじきやってきます。
全日本こけしコンクール!

ご存知の方も多いと思いますが、こけしコンクールは大きなものが年間3つあります。
その中で年間一番最初に行われる、全日本こけしコンクール。

このコンクールは、伝統こけしだけでなく、創作・新型こけしも同時開催されることもあって、一番大きな規模のコンクールです。入賞するのも大変難しいですΣ(゚ロ゚ノ)ノ

僕は平成18年に河北新報社賞で初入賞しました!

今年は以下の日程で開催されます。
催事名:第52回全日本こけしコンクール
日程:平成22年5月3日・4日
会場:宮城県白石市文化体育活動センター(ホワイトキューブ)

出品期限は3月20日。今年も張り切って行きたいと思います!

おはようございます☆

今日もいわきはいい天気!

朝から洗濯と布団干しを済ませていい気分♪

快適な週末にするため掃除もしなきゃ!

みなさんはどんな週末を過ごしていますか?本日もよろしくお願いいたします

年賀状のお年玉くじ

年賀状のお年玉くじ、当たりましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ 3等 選べる有名ブランド食品 地域の特産品 1枚あたり!! 4等 お年玉切手シート 3枚あたり! 毎年切手シートしか当たってなかったから、3等の有名ブランド食品は超うれしいです☆ 送ってくれた山形の梅木さん(こけしの工人さん)ありがとう!

わが木地処さとうでは、主な暖房危機は「薪ストーブ」。

薪ストーブっていうのは、一昔前に廃れたような感じだったのが、最近はちょっとしたブームで、木地処さとうに訪れる人たちはとっても喜んでくれる。

エアコンや石油ストーブなどと違うメリットはいろいろある。
一番は、体の芯からあったまること。
薪ストーブを毎日やってると、エアコンや石油ストーブってのはどうも体の表面しか温めてもらえないことを感じる。それに空気が汚れない。換気はまず必要ないです。最近のエコブームにもぴったりはまるよね。電気も石油も使わないんだから。

そんないいことがたくさんある薪ストーブだけど、普及しにくい要因もたくさん。
まず燃料の確保が難しい。今の時代燃料になる薪を用意するのは大変なことです。
慣れるとそれほど大変じゃないと思うけど、薪を用意するスローライフでないと難しいかな。
煙突掃除などメンテナンスもけっこう手間がかかります。

今日もちょっとお昼前に薪の用意をしてた。
P1020001.jpg
現代はいたるところから燃料になる薪は手に入ります。
昔はどこでもかまどがあって、燃料は朝早くから各家庭競争で取りに行ってたそうですよ。
一家の主婦が、「明日はあそこにあったやつを持ってきてやろう」と競っていたんだと近所のおばあさんが話してくれました。

うちでも近所の森や林から薪をいただいてくるけれど、そんな競争は皆無です。
いつ行っても好きなだけ薪を手に入れることができる。しかも森林の持ち主の方からは、森がきれいになると感謝される。

現実にも、今の森、竹林などは間伐がほとんどされてなくて荒れ放題のところがほとんどです。
荒れ放題どころか、ほとんどゴミ箱みたいな状態Σ(゚ロ゚ノ)ノ

昔はこれが競争で取られてて、いつでもすっきりきれいだったかと思うと、昔は毎日が自然と人の生活が調和したエコライフだったんだなと感じるんです。

ほんと、たまに思いますよ。原油なんて早くなくなってしまえばいいのに。
単純にそれだけとはいえないけれど、そうすればまた人と自然が調和した暮らしに戻ることができますよね。
やらなきゃしょーがねぇって状況にならなきゃ誰もやりませんから。

森に行ったりして薪を頂いてくると、あぁ、人間も自然の一部なんだなって再認識できるので僕は好きです。

初挽き

平成22年1月2日。僕たちの本家がある弥治郎で、初挽きが行われました。毎年催されている神事なんですが、今年は僕が指名されて行ってきました。

詳しくお話したいと思いますが、地元で「高橋新聞」という個人の新聞を発行されている方から、初挽きの原稿を依頼されたので、せっかくなのでそれに添ってお話を聞いてほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初挽き原稿

こけしってなんだろう。
そんなことを考えながらこけしを作りつづけて、今年で9年目を迎えようとしています。

僕は福島県いわき市で伝統こけしを製作している佐藤英之です。
僕の父も、祖父もこけしの作り手です。つまり僕は三代目なのです。毎年1月2日、初挽きというこけしの神事があって、今年は僕が指名されました。それについてお話します。

祖父と父
初代、祖父誠は、福島県伊達市の生まれ。農家の次男だった祖父は、9歳のときに奉公に出されました。奉公先は山一つ越えた、宮城県白石市弥治郎村の小倉さんという代々こけしを作る家でした。
農家と兼業だった小倉さんの家に小僧に入り、数年は農業と子守の日々。9歳の子供にきっとつらい試練だったと思います。そんな生活の中、次第にこけしを作ることも学び、成人する頃には弥治郎でも腕利きの工人となりました。
その後弥治郎を離れ、いわきで独立。様々な変遷を遂げましたが、祖父は名人と呼ばれる工人となり、亡くなる寸前までこけしを作り続けてこの世を去りました。

そんな祖父に憧れ、父は夢を実現した外国船の機関士をやめて、こけしを作るようになりました。
祖父が亡くなった後に独学でこけしを習得して、僕たち子供4人を育てるのは大変なことだったと今思います。特に大学まで出してもらった僕は、両親にもこけしにも感謝しています。

19年前の初挽き
僕が13歳の頃、父は初挽き工人に指名されました。
初挽きとは、毎年1月2日に、弥治郎系伝統こけし工人の中から選ばれた代表一人が、弥治郎村にある、小野宮惟喬神社(こけしを作るロクロを伝えた 神様を祭っている)の御前で、こけしを作り上げ、奉納するという神事です。一人の工人は一生に一度しか行うことができないとされています。11系統ある伝 統こけしの中でも、工人数が多いと言われる弥治郎系の中で代表に選ばれることも大変なことです。
1991hatsubiki.jpg

今から19年前。父は43歳。若かったです。そして髪も多かった(笑)
母も当時36歳。家族全員を連れて初挽きへ行った父の思いは今思うとよくわかります。一生に一度の舞台を家族に見せたかったのに違いありません。 でも子供たちはその大事さはよくわかってはいなかったと思います。もちろん僕は、自分が未来にその儀式を受け継ぐとは夢にも思っていませんでした。

今年の初挽き
僕は24歳の時にこけしの道へ入り、8年半がたちました。
そして今年、初挽き工人に選ばれました。その未来がやってきたのですね。

僕たち家族6人は当時のことを鮮明に覚えています。迷わず家族全員で行くことに決めました。
家族全員ノリノリです(笑)まるで父はこのときのことを想定して当時家族みんなを連れて行ったような気がしました。

当日は予想通り、弥治郎は大雪が降ってました。
いわきは年間に1、2回程度しか雪が降らない温暖な気候なので、雪道にはお手上げです。高速も通行止め。なんと雲行きのあやしいスタートだと僕はなんとなく不安になりました。

ですが19年前の子供たちとは違いますね。運転はおまかせ!というドライバーが4人。
雪道には慣れてはいないけど、問題なく下道で現地へ。19年前は自分しか運転手がいなかった父は大変だったと改めて思いました。
DSC07407.jpg

現地到着すると、やっぱり大雪が積もっていてすごく寒かったです。
こけしを作ること自体は、普段からやっていることなので問題はありません。
問題なのは、この寒さと、本家の先輩方が見ているという緊張感です。
普段イベントで行う、お客様を目のまえに実演するのとはわけが違います。
いつも仕事をするときに思うことですが、こんな緊張状態になった時ほど、時間がかかってもいいから一つ一つの作業をていねいにやろう。こけしは出 来上がるまでほんとにたくさんの工程があって、一つでも失敗すれば、やり直しのきかない初挽きではトラブルになってしまうからです。急がば回れ。それしか ありません。

DSC07456.jpg
予想の通り、緊張と寒さでいつもどおりには出来ませんでした。天気はよかったですが、雪が吹雪いている中でこけしを作るなんて!きっと最初で最後だと思いました。

履いていた足袋にしみこんだ雪が、風で凍るのを感じました。これが辛かった・・・足先の感覚はほとんどありませんでした。

DSC07469.jpg
そんな状態でしたが、時間をかけて焦らないことだけを心がけて、ある程度思っていた具合のこけしができました。家族と、祖父、祖母が後押ししてくれたような気がしました。最高のスタッフに守られて、その時できる最高の仕事ができた。そう思います。
DSC07476.jpg

初挽きを終えて
今回の初挽きほど、自分が伝統を受け継いだと強く認識したことはなかったと思います。
祖父が幼少から10年以上修行を続けた地で、19年前に初挽きでこけしを挽いた父。そして今年、その約束の地で、同じ衣装を身につけて、同じこけしを作った三代目の僕。伝統こけしってやっぱりすばらしいと思いました。

後継者不足で存続があやぶまれている伝統工芸。
親から子へという受け継がれ方が軽視されてしまっている現代ですが、静かに受け継がれることが大切な文化が日本にはあると思います。
ありがたいことに、僕たちは三代続けてこけしを作り続けて、今は母と弟を含めて4人で活動を続けています。こんな風に家族で仕事をつないでいけるんだ、と少しでも見直してもらえたら、本当にうれしく思います。

こけしってなんだろう・・・こけしは人と人をつなぐ暖かい笑顔。今そんな風に感じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、初挽きのお話でした。



あけましておめでとうございます

みなさんあけましておめでとうございます。
気づけばもう14日ですね~。みなさんどんなお正月を過ごしていたんでしょうか??

僕のお正月は・・・まあなかったですね。
日記に書くようなことはたくさんあったんですが、どうもさむくて書く気がしませんでした(笑)

今年のお正月はこんなことがありました。
1月2日 初挽きin弥治郎
DSC07469.jpg
これは後日ゆっくり書きたいと、温めているテーマなのですが。
簡単に説明すると、僕が作っているこけしは、弥治郎系という流派に属している。
本家弥治郎村には、こけし神社があって、こけしの神様をお祭りしてるんだけど、毎年正月2日に代表一人が神社の境内でこけしをその場で作り、奉納するという行事が初挽きなのです。それに今年は僕が指名されたというわけです。これは一生に一度しか指名されないということで、大変名誉なことなのです。

ちなみに元旦は、この準備で一日かかっちゃったのですΣ(゚ロ゚ノ)ノまったく正月気分にはなれなかった。

1月2日~5日 いわき駅ビル民工芸品店
今作ってる途中の、いわき駅ビルで臨時のお店を開く。
4日と5日は店番に行ってた。
P3250017.jpg

1月9、10日 ギャラリーわづくりやで展示会(展示だけは31日まで継続中)
DSC07260.jpg

1月11日 フラオンパクオープニングイベントに参加

1月13日 けん玉級段位認定試験
DSC07503.jpg
けん玉仲間のみなさんに報告!4度目のチャレンジでけん玉三段に合格しました!!
けん玉クラブのホームページ兼ブログ作りましたので、詳しくはそっちで見てください。
http://kendama.doorblog.jp/

という具合です。忙しい正月だったΣ(゚ロ゚ノ)ノ
だけど世の中に必要とされることはとってもうれしいことです。

今年もがんばっていきますのでみなさんよろしくお願いします☆