2018年01月

福島県広報誌「つながるふくしまゆめだより」に掲載されました!

いよいよ明日から2月ですね~。月初めは回覧物や市の広報誌などの配布物がたくさん。
福島県では県としての広報誌が2か月に1度発行されます。その名も「つながるふくしまゆめだより」。
カラー写真が多く、文字も比較的大きくて読みやすいです。

この広報誌2月号に木地処さとうの裕介工人が取材され、掲載されました!!!
しかも『福島スペシャリテ』という福島県内の工芸や職人さんを紹介するコーナーでの登場です。
なんだかちょっとカッコイイですよね(*^_^*)
さて、その記事がこちら。

木地処さとうでは今年は裕介YEAR!です。
年始の弥治郎こけし村での初挽きから始まり、この広報誌掲載、5月には実演も予定されています。
裕介作のこけしは今年は特に大人気でたくさん注文もいただいております。
まったく本当に嬉しい悲鳴です(*’▽’)
今年は存分に頑張ってもらいましょう♪
わたしも裏方でしっかり支えたいと思います。

2018年1月31日 みやび

ロッテのチョコパイ♡

毎日本当に寒いです。あまり雪の降らないいわきでさえ、昨日も今日も朝起きたらうっすら雪が積もっていました。今も降っています。洗濯物も外に干すと凍ってしまいそうです(^_^;)

でも寒くなってくるとわたしの大好きなものがとってもとっても美味しくなってくるように思うのです。わたしのことをよく知る人はもうすでにピン!ときているかもしれません。それほどわたしの大好物は有名なんです(^o^; あぁ、ブログにまでそんなこと書いて!と母に呆れられそうですが… こちらです!

えへへ。ロッテのチョコパイ(๑´ڡ`๑) いつもいくつかストックが家にあります。無いと少々不安なくらい(^_^;)念のため言っておきますが、ロッテの回しもんではありません。何ならそうなりたいくらい大好き。いつ頃からかなぁ、大学を卒業したあたりくらいからでしょうか、毎朝一個、コーヒーと共に必ず食べていました。一個以上は食べません。

わたしにはチョコパイ三か条があります。

  • 一つ。チョコパイは朝食べるべし。
  • 一つ。チョコパイはコーヒーと共に食べるべし。
  • 一つ。チョコパイは一日一個以上食べるべからず。

一個だけというのがとてもとても美味しく感じるのです。それに朝食べるのが一番太りにくい(と思っている)し、何より朝、起きる楽しみとなります。今は毎朝までは食べていませんが、大好きなのは変わりません(*^^*)

昔はこのチョコパイのサービスパック、11個も入ってたんですよ。小麦粉やらカカオやらの値上がりによりチョコパイも1個減り、また1個減りと今は9個入りです。チョコ菓子というのは秋から冬にかけてだんだん安くなるんですよね。チョコパイに関してはハロウィンあたりからは特によく出回り、スーパーでも特売で売り出されることが多くなります。スーパーやドラッグストアに行くと習慣的に値段をチェックしちゃってます。もちろん安いといそいそと買い物カゴに入れるのですが…先日その底値に行き当たりました!

なんとパーティパックが税込みで193円Σ(゚Д゚)これはわたしの知る最低価格です!!これまでは税抜198円だったのですが更新されました!!たまたま遠出したときに立ち寄ったスーパーだったので普段は行くことはできませんが、これは衝撃でした〜。もう、即買いです(笑) 嬉しすぎてブログに載ることになりました(^^)v

最近は家計の管理をしているので、それほど大量に買ったりしませんが、それくらいでちょうどいいのかもしれません。

チョコパイの話をしだすと止まりそうにありません。まだまだどんどん出てきます。 わたしのチョコパイへの愛、感じていただけましたか?(笑)皆さんに呆れられる前に(もしかしてもう遅いかな(汗))今日はこのあたりで終わっておきます。

全く個人的な話で失礼いたしました(^_^;)

2018/01/26 みやび

山本二三展に行ってきました

現在、福島市で開催中の「山本二三展」。これに行ってまいりました(*^_^*)


いわきから福島市までは車で約3時間。高速を使えば約1.5時間。遠いです。
関西出身のわたしは大阪の実家から3時間あったら名古屋とか鳥取まで行くなぁなんてすぐ考えてしまいます。
12月から始まっていたこの展示会、遠いのもあってなかなか行くことができなかったのですが、会期も終わりに近づいていることもあって思い切って出かけてきました。

さて、山本二三さんとは?
上の画像を見てピン!と感じてらっしゃる方も多いかと思いますが…
『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』、『火垂るの墓』などの背景画を描かれている方です。
天空の城ラピュタはわたしはどんぴしゃ世代、子供の頃から何度も何度も見て楽しんだ作品です。
その背景画となるとぜひとも見たい!と思っていました。

先月、わたしたちよりも一足先に行った義妹も「すごくよかったよ!あれは行くべきだよ!」と強く薦めてくれていました。
本当に本当に行って良かったです。
一枚一枚の絵を全部じっくり見てきました。全部です。
今回は220点ほどが展示されていたようですが、言葉通り本当に展示されているものは全部見落とすことなく見ました。
見終わって時計を見たら2時間ほど経っていました(~_~;)

アニメーションの背景画ってどうしても背景として見てしまっていて、じっくり見ることって無かったなぁと感じました。
よくよく見てその描写の細かいこと、丁寧なことに心底感動しました(*´Д`)
光が差し込む様子や水面に反射して映っている様子などが描かれたものを見たときはため息ばかりが出て言葉になりませんでした。
絵を描けるってすごいなぁ。「すごい」なんて言葉で表現するのも失礼に思うほどです。
一緒に行った主人もとても刺激を受けたようでした。
これから出来上がるこけしにも影響が出たりするんでしょうか(^^)
楽しみです(*‘∀‘)

この展示会を見て帰ってテレビをつけたらルパン三世「カリオストロの城」が放送されていました。
背景を見る目が変わりました!
この1シーン1シーンそれぞれ背景を描いている人がいるんだなぁって実感。

この展示会はこれまでに岡山や長野県でも開催されていたようですね。
福島県では今月28日まで。
気になる方は是非お出かけしてみてくださいね♪

 

今日は東京でも雪が積もっているようですね。
いわきでも昼過ぎから雪の予報。少し降ってきました。
インフルエンザも流行っていますし、みなさんどうぞお気を付けくださいね。
木地処さとうでも…残念ながらインフルエンザが流行っているようです(>_<)
納期が少し遅れる可能性もあります。どうかご容赦くださいませm(_ _)m

2018年1月22日 みやび

裕介工人 初挽き報告

2018年1月2日、裕介工人の初挽きが無事終了いたしました。
今回のブログは写真で順を追ってご紹介します。
以下、裕介工人のことは親しみを込めて裕介さんと表記します。

朝8時50分頃到着。雪は散らついていたものの晴れていました。

裕介さんはロクロ周りをチェック。必要な道具類が全部そろっているか、最終チェックです。

 

母である美喜子工人は和服姿でこけし神社に参拝。

寒いので色んなところで炭を焚いて準備してくださっていました。これがとっても暖かかった!


本当に底冷えのする寒い朝でした(~_~;)
この寒い中こけしを作るのはいつもと違う条件です。手も自分の思うように動かないのでしょうねぇ。
普段から落ち着いている裕介さん。この日も落ち着いているように見えましたが緊張も見え隠れしていたように思います。

そして両親とスタッフさんに手伝ってもらって装束に着替えました。
着替え中の写真もあるにはあるのですが…さすがに割愛します。

着替えを完了した裕介さん、本当に最終チェック。
(履物がまだ靴ですが…これは着替え場所からロクロまでが少し距離があり、雪が凍って下駄で歩くと危ないためです。)

こけしファンや関係者もぞくぞくと集まっています!

午前10時。練り歩きが始まりました!


こけし神社の神主さん、裕介さんに続いてこけしのお神輿を子供たちが担いでやってきます。
こけし村の中を歩いたあと鳥居をくぐって境内へ。

神主さんにより、一連の神事が執り行われました。
白石市の市長さんや市会議員の方々のお姿も。。。
市を挙げてのイベントなんですね。

さぁ、大勢のファンや関係者が見守る中、裕介さんの初挽き開始です!

まずは頭から挽き始めます。


いつも通りの丁寧に落ち着いて作業を進められているようです。

あ!報道の方たちも。しっかり撮影お願いします!

頭が挽き終わり、顔の描彩です。


普段は畳に座って描くのですが、この日は畳がないので足を利用していますね。
頭が完了しました。続いて胴です。

ロクロを回しながらどんどんロクロ線が引かれていきます。


まずは紫、そして緑。どんな間隔、どんな幅で引けばいいか頭に入ってるんですね。
工人さんにとっては当たり前のことかもしれませんが、素人にはすごいなぁと感心してしまいます。

黄色と赤が入りました。あっという間に胴の完成です。

胴と頭をくっつけて、最後に署名を入れます。

完成しました!

こうして写真と文字だけだと本当にあっという間ですが、作業開始から完成までだいたい50分ほどでした。

作業を見守っていた人に披露中!!
裕介さんらしい、優しい表情のこけしですね☆

さて、このこけしをこけし神社に奉納します。

無事奉納完了!!裕介さんさすがにホッとした表情ですね。

この後取材の嵐です!


一方英之さんは…「俺のときはこんなにお客さんもいなかったよ!」「俺の時は取材もなかったよ!」と、僻みっぱなしでした(笑)

英之さんの初挽きは8年前でしたが、あの頃よりもネットもかなり普及してイベントの告知もたくさん出来ているし、メディアも多くなっているから当然といえば当然ですよね。仕方ないですね(^_^;)

それよりも、こけし界が盛り上がりを見せていることを喜びましょう!

さて、完成して奉納されたこけしがこちらです。

誠孝さんも、英之さんもこの「誠最古型ロクロ」と呼ばれる型のこけしをこの初挽きで製作しました。
親子でおじいさん(木地処さとうの初代)のこけしを作ったなんて、なんだか感慨深いですね。

 

取材された内容は一部、こちらで見ることができます。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180104_15013.html

 

動画もあります!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000004-tbcv-l04

 

年始からすがすがしい気持ちになった初挽き。
こけしファンの方々も思った以上にたくさん来られていて、嬉しいことにわたしも「あ!あの人知ってる!」という方にお会いすることができました。
弥治郎のこけし工人さんたちとも久しぶりにお会いできましたし、ただただわたしは楽しい初挽き初体験でした。

以上、簡単ですが裕介さんの初挽き報告でした☆

裕介さん、お疲れ様でした(*^_^*)

2018年1月4日 みやび

謹賀新年 弥治郎こけし初挽き

明けましておめでとうございます。本年も木地処さとうを、そしてこの嫁ブログもどうぞどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、わたしたち木地処さとう一家は宮城県白石市に来ています。ここはわたしたちが作る弥治郎こけしの発祥の地とされており、弥治郎こけし村があります。そしてこの弥治郎こけし村の中に「こけし神社(小野宮惟喬親王神社)」があり、毎年新春2日に弥治郎こけしの初挽きが行われています。この初挽きは弥治郎系から毎年一人の工人が代表として選ばれ、神前でこけしを作り、奉納する神事です。ほとんどの場合、一生に一回のことで、大変名誉なことであり、過去に誠孝さん、英之さんも初挽きをしています。英之さんの初挽きのことはこちらのブログをどうぞ。(誠孝さんのときのことも載ってます!)→https://www.kijidaruma.com/news/2010/

この初挽きに今年は木地処さとうから、裕介さんが選ばれました!おめでとうございます\(^o^)/

今日はその準備をしてきました!

持参したロクロを組み立てています。

うまくいくか実際に少しだけロクロを回してみました!

やはり少し山の中に入るため、前に降った雪が残っていますね。いわきという東北のわりには雪もあまり積もらず暖かなところから行ったわたしたちには寒く感じましたが、いつも弥治郎にいらっしゃる方は「今日はあたたかいよ〜」なんておっしゃっていました。

確かに今日はとってもいいお天気でした!

今夜から少し天気も下り坂のようですが、明日は晴れるといいなぁ(*^_^*) そして寒くなければなおいいなぁ(^o^;

わたしは初めて初挽きを見るのでとても楽しみにしています。

初挽きは明日10時〜11時半頃までです。出来たこけしはこけし神社に奉納されます。

代表工人に選ばれた裕介さんには一年間の無病息災、技術の向上を願って素晴らしいこけしを作ってもらいたいですね☆屋外での製作のため寒さなど天候にも左右されそうですが(^_^;)そこはプロの仕事、いつも通りのことをして、いつも通りの裕介さんらしいこけしを期待しています(*^^*)

初挽きの報告もまたこちらのブログで綴りたいと思います。

明日天気にな~れ!

2018/01/01 みやび