2010年02月

たいらの逸品2010に紹介されました

tairanoippin1.jpg
わが木地処さとうがあるのは、福島県いわき市平なのですが、平というのはいわき市の中心。

平の商店街が一丸となってここ数年がんばってる、「たいらの逸品」に、木地処さとうのこけし印鑑が紹介されました!

木地処さとうのこけし印鑑、お名前の彫りはここ「高根沢印舗」にお願いしているのです。
高根沢氏は伝統的な彫りにちょっとした遊び心もあるとても素敵な彫りをしてくれます。

高根沢印舗では、象牙やつげなどの本格印鑑から、自分のオリジナルにできる「遊印」、ゴム印など幅広く楽しめます。

木地処さとうのこけし印鑑も取り扱ってもらっています!
長年のお付き合いの特約で、一般販売価格より格安でお求めいただけます。
tairanoippin2.jpg
いわきに電車でこられた方、いわき駅からすぐですのでぜひお近くの方は寄ってみてくださいね☆
高根沢印舗へのアクセスはこちら

新作・おひなさま2010

おひなさま・雛人形
やっとできました!平成22年のおひなさま。
写真で見た目は2008年版とあまり変わらないのですが、実際手に取るとずいぶん違うんです。

左:紫桃(しとう)タイプ 右:墨紅(すみべに)タイプ
hina2010-01.jpg hina2010-02.jpg

木地処さとうのおひなさまのご紹介
おひなさまは、女性の永遠の憧れ。
また、おひなさま・ひな祭りは春のあたたかい雰囲気を運んできてくれます。
お雛様としてはめずらしい、木製おひなさま。
伝統こけしの風合いを保ちながら、美しくまとめた木地処さとうオリジナルです。
ひな祭りだけでなく、ずっと飾っておきたくなるような愛らしいおひな様です。

☆平成22年リニューアルポイント☆
・お客様のご希望も含めて、2008バージョンより少し小さく、そして低価格にまとめました。
なんと送料無料を実現!これは喜んでいただけると思います(^ω^)

・今回は木地処さとうの工人合作です!英之作のおひなさま、裕介作ぼんぼりと桜橘、誠孝作の飾り台。それぞれの味わいをお楽しみいただけます。(2008年版はすべて英之作)

・おひなさまは、「はめ込み式」で仕上げております。頭がくるくる、かたかたと動く細工です。まるで本当に生きているように愛らしく動く姿をお楽しみください。

・特選ワックスで、つや消しのしっとりした雰囲気に仕上げています。

おひなさまご紹介ムービーを作りました。ぜひご覧くださいね。


おひなさま2010、詳しくはこちらからどうぞ。

こけしの材料管理

こけしに使う木はさまざまあります。

主に使うのは、ミズキ、イタヤカエデ。それが一番多い。
ほか、うちには桜、桑、いちょう、えんじゅ、椿などいろいろなものがあります。

それらは初代からのものも結構残ってたりして、下手したら乾燥期間50年以上??なんてものも。
そういった材料を使うときはやっぱりちょっと襟を正すというか、緊張します。

その材料をきちんと管理するのも大切な仕事なんですが、これが大変!
おそらくこけしの仕事の中でも一番重要で、かつ重労働なことなんじゃないかなと思います。

木は乾燥する期間が必要なので、乾燥中の材料の管理が必要。
乾燥が終わって、製材作業。まあ力仕事ですΣ(゚ロ゚ノ)ノ

そして保管するわけなんだけど、大量にあるから忘れちゃうんだよな~。
今年はそんな材料管理も研究テーマにしてみたいと思ってます(^ω^)