2011年05月

赤城山の新作紹介

本日最近作を紹介しました。

まずはこちら。
大師匠、誠孝さんが赤城山でやっとこけしを作りました!
10172-2.jpg
誠古型晩年くびれロクロに大胆な梅をアレンジした新作です。
一点しかありませんがΣ(゚ロ゚ノ)ノ 早い者勝ちということで、お願いします。

hk503-1.jpg
次の新作!英之と裕介の初めての合作で、子持こけしを作りました!
英之作梅こけしから、裕介作グラデーションこけし「赤城山の夕日」が出てくる、赤城山オリジナルこけしです。すみません、これも一点しかありませんΣ(゚ロ゚ノ)ノ

ほか、英之作こけしをこけしけん玉含め8点ご紹介しました。
「赤城山の作品」カテゴリからご覧ください。

たけのこ収穫

庭の周りには竹林が広がっているんですが、昨日の夕方東京で一泊した後戻ったら、ものすごくたけのこが育ってましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ

DSC01012.jpg

ほんとはもっと早く取るべきなんだけど、一昨日出かける前はなかったような気が・・・。
たった2日でこんなに伸びるんだろうか??

赤城山に来てからもう2ヶ月が経ちました。
おかげさまでだいぶ山の生活にも慣れてきて、僕達の生活もまた少し変化していきそうです。

近日中に最近作のこけしを紹介します(^ω^)

新緑の赤城山

ゴールデンウィークも最終日となりました。みなさまどんな連休をお過ごしですか?

木地処さとうが一時移転した赤城山は、すっかり新緑の季節となりました。
あの骨組みだけだった藤棚も、すっかり工房へと変わりました。
DSC00945.jpg

思えばここへ来た3月23日はお彼岸でしたが、とても寒かったことを思い出します。
よく雪が降ってましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ それが梅、桜の季節を過ぎ、今は桃の花が満開となりました。
でもここは標高600m。まだ桜が咲いているところや、これから咲くところもありますよ。

DSC00948.jpg
庭の一部です。木蓮とたんぽぽが咲きました。

DSC00947.jpg
もみじと、手前はつつじの一種だと思うんですが。きれいな花です。

DSC00946.jpg
いわきから運んできた薪ストーブ。誠孝さんは毎朝これでご飯を炊いています。
これはずっと続けている習慣で、どうも薪でご飯を炊かないと物足りないようです。
燃料になる薪はいくらでも手に入りますから、いわきよりは薪ストーブにはむいていますね。

私たちの連休は、ずっとお待たせしてたご注文にお応えすべく、製作をつづけていました。
おかげさまでようやく追いついてきたようです。ご迷惑をおかけしたお客様、ごめんなさい!

赤城山でこけしの仕事をしていると、町に出向くことがほとんどないので、時間の流れがゆっくりな
感じがしています。
ふるさとへの思いは忘れることはありませんけど、ここへ落ち着いたのも運命だと思えるようになってきました。赤城山でがんばることで、新しい自分達の未来を作ってゆきたいものです。

津波に遭ったこけし

DSC00855.jpg 先日、いわきに一時帰宅したときに手に入ったこけし。

新舞子という海岸近くに位置する、新舞子ハイツ。
ここには長い間、うちのこけしが委託販売で、お土産に置かれていました。

浜辺から50メートルと離れていない新舞子ハイツには、津波が襲いました。
松林で多少は守られたものの、こけしたちは地震で倒れ、津波に浸ってしまったようです。
でも、流されはしなかったそうで、お返しいただきました。ぜひみなさんにも見ていただきたいと思います。

DSC00851.jpg

DSC00853.jpg

DSC00857.jpg

津波は泥や油などいろいろな不純物が含まれているらしく、汚れは落ちません。
でも僕達のかわりに津波を受けたと思うとなんだかいとおしくなりますね。

震災からもうすぐ2ヶ月。僕達は避難の旅を続けています。
ふるさとでがんばっている仲間を思うと、切ない気持ちにもなりますが、今はここ群馬県でやることが
あると思っています。もう少しがんばってみようと思います(^^)

東日本大震災に関する記事をまとめました。以下のリンクからご覧くださいね。