2011年08月

鳴子温泉・全国こけし祭り

今年もこの季節がやってまいりました!

鳴子温泉郷・全国こけし祭りです。
今年は9月2日~4日の日程で開催されます。
詳しくはこちら
http://www.city.osaki.miyagi.jp/day/201108/v-event02.html

20110824_1967812.jpg  

例年通り、全国こけし祭りコンクールが同時開催されます。
昨年は、史上初の家族4人同時入賞を果たした木地処さとうは、今年は福島ではなく群馬からですが、元気に出品します!審査日は9月1日と2日。今年はどんなことになるのか今から楽しみです☆

昨年までの様子はこちらから。
http://www.kijidaruma.com/content/cat183.php

ご都合がよいかたはぜひ足を運んでくださいね。

榛名湖キャンプ

8月5日。榛名湖の花火大会へ行った。

榛名湖は、榛名山の頂上近くにある湖で、僕が今住んでいる赤城山の近くにある。群馬県では、赤城山、榛名山、妙義山の3つを「上毛三山」と呼んでいる。

榛名山には以前にも2回行っているんだけど、今回は花火大会とキャンプを目的に行ってきた。

DSC01718.jpg

湖での花火大会、おもしろいあげ方だと思った。

それはね、モーターボートで走りながら、火薬球に点火して湖に投げ込むという「水上花火」という手法。これは以前に死人が出たというほど危ないものなんだけど、まるで湖から大輪の花が咲いたような美しい姿を見ることができた。

それに音!山々に囲まれた榛名の花火は、やまびこのように反響して味わい深い花火の音を聞くことができた。これは山でなくては味わえないことかも。
毎年いわきでは小名浜花火大会を楽しみにしていたけど、今年は行くことができないので、夏の大きな旅行になりました。

翌日は、朝早くおきて榛名湖を歩いて一周してきた。
これがけっこうきつかったΣ(゚ロ゚ノ)ノ 榛名湖は外周6キロ。1時間半かけて歩きました。
DSC01742.jpg

疲れたけど榛名湖はとってもいい!自然もあまり人の手が入っていなくて、何か神聖なものを感じます。
今住んでいる赤城山からは車で1時間。時間ができたらまた行ってみたいと思いました。

新作紹介 英之本人型「赤城山のレンゲツツジ」

今日は8月2日。今年も元気にこの日を迎えることができました。

今日は私、佐藤英之の34回目の誕生日。先日から誕生日に、赤城山の新作をご紹介すると告知してきました。お約束どおり、新作を紹介したいと思います。

英之本人型こけし・赤城山のレンゲツツジです(^^)
hkakg-1.jpg

赤城山の頂上付近に群生する、美しいレンゲツツジを描きました。

標高1000m以上の高原にしか咲かない、貴重な花です。うわさは群馬に来てすぐに聞いていました。6月には見に行ってきました!

DSC01253.jpg

咲いた姿は、山ツツジに少しにているんだけど、葉とつぼみに大きな特徴がありますね。
つぼみが固まっているようすが、蓮華に似ているところからその名前がついたんだとか。

私自身、初めての本人型で、(こけしの型については下記に説明しています)何度も試作を重ねて作り上げました。こけしはシンプルさが大切と思っておりまして、その中にしっかり赤城山のレンゲツツジをこめることには苦心いたしました。

もう群馬にきて5ヶ月目に入りました。こんなに長く滞在することになるとは思っていませんでしたが、仕事を再開できるようになってから、自分の足跡として赤城山の記念のこけしを作りたいと思っていたんです。
それを自分の生まれた日に発表できたことが嬉しく思います。

相変わらずご注文いただいているお客様のみなさんには、1ヶ月ほどお待ちいただいている状況なのですが、初作を限定10点をインターネット予約受付します。初作には、こけしの底の署名に初作と入っております。(今回のこけしは、最初に製作する30点を初作と定めております。他の20点はすでに予約済みとなっております。)
hkakg-4.jpg
お届けは8月下旬~9月中旬頃になりますが、お求めの方はこちらから商品ページへどうぞ。
http://kijidaruma.com/products/detail.php?product_id=657

※本人型について
伝統こけしは、「型」という考え方があります。
歴代の師匠が考案したこけしの型、たとえば私の祖父の佐藤誠型、父の佐藤誠孝型。
祖父の弟弟子・大野栄治型、祖父の師匠・小倉嘉三郎型などがあります。
修行の過程ではその型を繰り返し製作して、伝統こけしを身につけていくわけですが、ある一定の時期になると「本人型」というものを考案します。今回のこけしは、佐藤英之初の本人型となっております。