こけしの郷便り

お芋こけしセット 予約受付中です

四代目佐藤裕介工人の「お芋こけしセット」が人気となっておりまして、在庫1点のみとなっております。
おそらく売り切れとなってしまいますので、限定10点のご予約を受け付けております。

お芋のようにやわらかな雰囲気の作品となっております。 裕介工人のこけしはとてもやわらかさと温かい雰囲気があり人気です。 ぜひコレクションにお加えくださいませ。


こちらは人気作品のため現在売り切れ中です。ご予約を受け付けております。
【ご予約の詳細】
予約数:限定10点
制作予定:令和3年3月中
お届け予定:完成次第となりますが、3月下旬~4月上旬を予定しております。
全て佐藤裕介工人の手作り制作となります。
木目や表情は微妙に異なる場合がございます。ご理解の上ご注文くださいませ。

詳しくは商品詳細ページでご確認くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

初挽き福こけし「福子」が誕生しました

木地処さとうでは毎年1月に、「初挽き福こけし」を制作しています。

木地処さとうの工人たちは年に1000本以上のこけしを作りますが、その中でも新年最初に作るこけしは「初挽き」と呼ばれ、特別なこけしとされています。

妖精アマビエこけしの注文が殺到した影響で2月になりましたが、今年の初挽き福こけしができましたのでご紹介しましょう!

はじめまして、福子です。福太郎の妹です!
木地処さとうホームページ「初挽き福こけし」のカテゴリーからご覧いただけます。
※初挽き福こけし2021福子は完売いたしました。
カテゴリー「福太郎と福子」からご覧くださいませ。

木地処さとうには「福太郎」という人気作品がありますが、福太郎の妹として誕生したのが「福子」です。
みなさまどうぞかわいがってくだされば幸いです。


初挽き福こけし福子は、限定10点の販売となります。
(販売終了後に一般商品として追加制作の予定はありますが、初挽き福こけしは10点のみです)

どうぞよろしくお願い申し上げます。

木地処さとう三代目 佐藤英之

こけしの講演会「いわきで受け継ぐこけしの技」Youtube

令和2年10月30日いわき市生涯学習センターにおきまして、こけしの講演会を開催いたしました。
その内容が先日いわき市公式Youtubeで公開されておりますので、ご興味がある方はぜひご覧いただければと思います。

三代目佐藤英之が、伝統こけしのこと、木地処さとうのこと、製作実演など盛りだくさんの内容を講演させていただきました。

1時間28分という長時間の講演内容となっておりますので、目次と目安時間を参考にご覧ください!
1.自己紹介等(~7:59)
2.こけしの製作実演(8:00~53:24)
3.こけしの歴史(53:25~1:13:34)
4.いわきで受け継ぐこけしの技(1:13:35~1:28:46)



配布資料は以下の3点です。
PDFファイルをお求めの方は、お問い合わせからご連絡ください。





東北流行語大賞

今年は新型コロナ問題で思わぬ大人気となった【妖精アマビエこけし】が、東北流行語大賞2020にノミネートされました❗

4月発表~7月にかけて、妖精アマビエこけしはものすごい数のご注文をお受けいたしました。

こんなにもたくさんのご注文をいただくとは努にも思っておりませんでしたので、お客様の中には半年以上お待ち頂いた方もおられます。

嬉しい反面、今後はもう少しスムーズにお届けできるよう考えなくてはと反省するところもありますが、たくさんの方々に喜んでいただけたことは工人として誇らしく思う気持ちも大きいです。

そんな中、東北流行語大賞2020にノミネートされたことは嬉しいサプライズでした!

12月3日~9日までが投票期間となっているので、ぜひご覧になって投票してくだされば嬉しく思います❗

詳しくはこちらからご覧ください。

東北流行語大賞

三代目 佐藤英之

九州の豪雨災害への支援報告

新型コロナウイルス平癒を祈願して生まれた妖精アマビエこけし。

私たちも驚くほどの大反響がありました!毎日制作を続けておりますが、まだまだお待ちいただいている方もたくさんおられます。お届けの約1ヶ月前にお知らせしておりますので、よろしくお願いいたします。

妖精アマビエこけしの売上の一部を社会に寄付したいと考えてきました。今月発生した九州の豪雨災害の支援のため、タオルを100枚支援に送らせていただきましたのでご報告します。

今後も必要な場所に支援させていただきたいと思っております。

私たちにできることは少しですが、妖精アマビエこけしが被災地のお役に立つように頑張っていきたいと思います❗️

三代目 佐藤英之

アマビエこけしの収益の一部が寄付されます

三代目佐藤英之です。

4月3日に妖精アマビエこけしを発表してからまだ1カ月もたっておりませんが、私たちの予想をはるかに超える反響、ご注文をお寄せいただいております。

木地処さとうは、こけしが世の中のお役に立つことを願っております。
予想を超えるご注文数がありましたので、その収益の一部を寄付することにいたしました。

寄付先は検討中ですが、新型コロナウイルスから社会を守ってくださっている方々に贈りたいと考えております。

私はこれまで18年間こけしを作ってきましたが、これほど多くの方に熱望されるこけしを見たことがありません。
妖精アマビエこけしを一人でも多くの方に届けるため、頑張って製作を続けてまいります。

一日も早い終息を願って、がんばりましょう!

新型コロナウイルス平癒祈願 アマビエこけしのご紹介

三代目佐藤英之です。
今年は新型コロナウイルスの蔓延で、世の中が大変なことになりました。
お困りになられている方に、お見舞い申し上げます。

私はこういう時、こけしがみなさんに直接的にお役に立つことができないことに苦しい思いをしてきました。
平成23年の東日本大震災や、昨年の台風19号などの大きな災害の時もそうでした。
世の中が平穏になるにつれてこけしの役割が多くなってくるのですが、一番大変な時になにかこけしでお役に立ちたい!というのが私の長年の願いでした。

もちろんそういった災害や疫病は無い方がいいのですが、今回こそは何かお役に立ちたい!
との思いから、ようやく新作を作ることができましたのでご紹介いたします。

作品名 妖精アマビエ 佐藤英之作
大きさ 高さ約9cm
材質 国産みずき材


今回のことで話題になった「アマビエ」をこけしにして仕上げました。
ご存知ない方のために簡単にアマビエのことをご紹介いたします。

ウィキペディアに以下のような文章がありました。
江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。
弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。
その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

簡単に説明すると、昔アマビエという者があらわれて、今後6年間疫病が流行するので、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せなさい。という予言を告げたというお話です。

この度文献をもとに、新型コロナウイルスが平癒するよう祈願をこめて、こけしとして再現いたしました。
見るだけでもいいという言い伝えなので、たくさんの方に見ていただきたいと思っています。
もちろんご注文頂ければ、最大の祈りを込めて製作いたしますのでご検討くださいませ。

商品紹介ページはこちらからご覧ください。


みちのくこけしまつり

今年もみちのくこけしまつりの季節がやってきました(′ᴗ‵ )

木地処さとうもみちのくこけしまつりコンクールに出品しますので、お越しの際はぜひ作品をご覧ください!

会期 2019年11月30日〜12月1日

会場 山形ビッグウイング

39回目を迎える「みちのくこけしまつり」。宮城県白石市で開かれる「全日本こけしコンクール」、宮城県大崎市(旧鳴子町)で開かれる「全国こけしまつり」とともに日本三大こけしコンクールと呼ばれています。伝統こけし、木地玩具の展示・即売をはじめ、実演工人による展示・即売のほか、誰でも楽しめる絵付体験コーナー等もございます。さらに今年は、第39回みちのくこけしまつり限定販売の「子持ちこけし」や、「39(サンキュー)こけし」と称した2日目限定企画のこけし・えじこ・だるまと、新しい企画もございます。山形市内でみちのくこけしまつりに関するスタンプラリーも実施しておりますので、是非お楽しみいただきながら、会場へもお越しください。

耐震型けん玉スタンド「玉座」のご紹介

今日は新作のご紹介です。
新作といっても2年ほど前から少しずつ作っていたのですが、今回ホームページでもご紹介・販売することになりました。

わたくし三代目佐藤英之は、趣味でけん玉を10年以上続けています。
師匠と仲間に恵まれ、今ではけん玉道五段の免状をいただくまでになりました!

その中で、こけしの技術を生かしてけん玉にかかわるものを作れないかと考えるようになりました。
そして倒れやすいけん玉をおしゃれに飾りながら、地震などの揺れでも倒れずに固定できるけん玉スタンドを作りました!



けん玉ファンのみなさん!ぜひ一度玉座をお使いください。
けん玉が好きな人が喜んでもらえるように、何回も試作して完成しました。
一度使ったらきっと手放せなくなること間違いなしですよ!

玉座の使用方法

①玉座を置く場所を決めて、付属の耐震マットを底に貼ってから置いてください。
②上部から出ている2本の棒の間に、けん玉をさし込みます(無理に押し込まないでください)
③けん玉を取り出すときは、軽く引き抜くだけで簡単に取れます。

※玉座は日本けん玉協会認定けん玉専用です。

ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。
https://www.kijidaruma.com/shop/products/list.php?category_id=81

三代目 英之でした。

第8回東北こけし展のお知らせ

こんにちは!
いつもご覧くださりありがとうございます。

東日本大震災の翌年から始まった、東京銀座にお店を構える『GINZA HAKKO 木の香』さんでの東北こけし展が今年も開催されます。

木地処さとうの作品が東京で見られるお店は現在はないので、ぜひこの機会に足を運んでいただければと思います。

催事詳細は以下の通りです。
催事名 第8回東北こけし展
会期 2019年1月22日(火)~1月27日(日)
営業時間 11時~20時

今回は限定企画として、土湯系近野工人が教えるこけし絵付け体験があるそうですよ。
また、こけし展は初日にたくさんのお客様が並ぶことで有名ですが、混雑を避けるために初日のみ9時30分から整理券を配るそうです!人気ですね~(*^^)

詳しくは木の香さんのホームページから。
http://kinokablog.woodburning.jp/2018/12/post-bddc.html




どうぞよろしくお願い申し上げます。
三代目 英之でした。