こけしの郷便り

第59回 全国こけし祭りが開催されます

こんにちは!三代目の佐藤英之です。
今日は全国こけし祭りについてのお知らせです。

9月7日~8日。第59回全国こけし祭りが宮城県大崎市鳴子温泉町で開催されます。
今年もやってきましたね~こけしのお祭りと言えば鳴子!
ぜひ足を運んでいただきたいお祭りです。

鳴子温泉は町全体がこけしの世界。
町中にはこけし工房がたくさん並び、旅館やお店にもこけしがびっしり!
道を歩けばこけしの電話ボックスがあったり、こけしのマンホールがあったり
こけしを愛する者たちにはたまらない空間です。

naruko59.jpg

(この中に英之作と裕介作のこけしがあります!去年の入賞作品ですね~わかりますか?答えはこちらのコンクール入賞者からどうぞ。)
 

お祭りもこけし祭りというだけあって、イベントが目白押しです。
詳しくは鳴子温泉郷観光協会のホームページからご覧ください。
http://www.naruko.gr.jp/news/2013/07/26/000479.php

また、昨年のお祭りの様子は青葉こけし会のホームページからどうぞ。
http://aobakokeshi.blog97.fc2.com/blog-entry-162.html

全国こけし祭りのメインイベントといえばこけしコンクール!
今年はわが木地処さとうも家族4人で出品します。
昨年は母が病気でこけしを作ることができなかったのですが、今年になって体調も回復し、
こうしてコンクールに出品できることになって本当に嬉しいです。

この全国こけし祭りコンクールに限っては、1工人につき5点まで出品できる規定になっておりまして、
誠孝さん4点 英之5点 裕介さん5点 美喜子さん4点 合計18点出品しました。
家族でこれだけ出品する工房はまずないでしょう(笑)

私たちも全国こけし祭りに遊びに行きたいと計画しています!
後日レポートをお伝えすることにしたいと思います。

三代目 英之でした。

こけし印鑑受注会を開催しています!

毎日暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか?

今日はイベントのお知らせです。
東京都武蔵野市にある、雑貨と文具のお店「Sublo」さんで、こけし印鑑受注会を開催しております!

KOKE.jpg

実際に手に取ってこけし印鑑をご覧いただけるチャンスです。
東京近郊の方はぜひ足を運んでみてくださいね。

会期:8月12日~9月16日
場所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16 原ビル2階
アクセスはこちらからどうぞ

以上、イベントのお知らせでした。

5月27日発売 玄光社「かわいいこけ​し」

5月27日発売になった、玄光社発行の「かわいいこけし」という本に、木地処さとうの工房が紹介されています!

最近はこんなおしゃれなこけしの本が出るようになったんですね~。一昔前は、「伝統こけし工人手帳」とか、すごくディープな内容のものが多かったんですが。一般のこけしファン向けの本と言えそうです。

本の内容ですが、アマゾンでの紹介は以下のようになっております。
ぜひご覧になってみてくださいね。

「こけしって、かわいい」
本書は“こけし"と聞いて思い浮かべる古いイメージを払拭し、
若手工人(職人)の“伝統こけし"やこけしモチーフの雑貨の魅力
をふんだんに盛り込みました。
特に雑貨については、“てぬぐい"、キャンドル、テーブルウェア、<brアクセサリー、ストラップ、室内履き、革小物、耳かきなど、若い女性が
思わず欲しくなるものを多数紹介しています。また、本書はこけし
初心者向けガイドでありながら、“伝統こけしの歴史"などの解説も詳しく、
既存のこけしファンも満足させる内容になっています。
アマゾンの販売ページはこちらから


kawaiikokeshi.jpg

 

ふくしま人

今日はこけし製作に関して三代目が取材されたご紹介です(*^_^*)

NTT東日本-福島というホームページ内の「ふくしま人」というコーナーで“伝統こけし制作工房三代目佐藤英之”と紹介されています。

 

こけしを作っている様子なんかもちょこっと紹介されているので是非チェックしてみてください☆

そしてこの製作工程に興味を持たれた方は実際に見に工房にいらしてくださいね(*^▽^*)/

 

http://www.ntt-fukushima.com/fjin/index.html

ntt_fukushima.gif

 

 

この記事、わたしも読んでみたんですが、記事の冒頭にこうあります。

“時間・手間・工人の思い”を込めて家族で継ぐこけし

これは横から見ているとすごくよくわかります。本当にじっくり時間をかけて、手間を惜しまず心を込めてみなさん製作されています。製作だけでなくお客様とのやり取り、発送についても実に丁寧な印象なんです。効率重視の昨今の世の中において、こうして時間や手間をかけることってすごいなぁと感心しつつ、共鳴しました。物事を丁寧に行うということはどんなことにも通じる基本だと改めて実感しています。

 

そんな工人さんたちを眺めていると、わたしもどんなこともできるだけ丁寧にしようと思えてきます(ただ、時々は手を抜きます、わたしは(^^;))。

 

みやび

平成25年度のご挨拶

2013goaisatsu2.gif
 早いもので、平成25年も新年度を迎えました。
こんにちは!三代目佐藤英之です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

わが木地処さとうの家族は今年でこけし人生102年目に入ります。
初代の誠さんが9歳で弥治郎の小倉嘉三郎さんに弟子入りして、それから102年。
その間に第二次世界大戦や、東日本大震災があって何度もピンチに立たされながらもこうやってこけしを作り続けることができています。ひとえにこけしファンのみなさんの暖かい応援のおかげです。ありがとうございます。

さて、その東日本大震災から丸2年が経過して、私たちも一時移転先の群馬県から福島へ帰って1年が経ちました。
福島は津波や原発など諸問題があって、時間がたつほどに復興の難しさを感じざるを得ません。
でも自分たちにできることは、こけしを作って明るく生きていくことだけです。
今年度も精一杯頑張っていきたいと思います!


さて、今年から新しい家族が仲間入りすることになりました!
私、三代目佐藤英之が4月21日に結婚式を挙げる運びとなりましたので、ここでご報告いたします。
今後は夫婦で三代目として、より身近に感じていただけるこけしを作っていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

三代目 佐藤英之

無印良品で、年末年始こけしが展示されます

fukucan_121203-thumb-200x130-9392.jpg
今年も残すところ少なくなってきましたね。

気ぜわしい季節ですがいかがお過ごしでしょうか。

年末年始に、無印良品各店で木地処さとうのこけしが展示販売されます。


1.福缶2013

今年のお正月に、無印良品から発売された福袋、「福缶」にねむりえじこが参加したのは覚えていらっしゃる方も多いと思います。
今年はまた別の作品が2013年の福缶に入ります!

今回は前回よりたーくさん作りましたので、少しは確率が上がることと思います。新しい年の運試しにぜひチャレンジしてくださいね!

詳しくは無印良品のホームページからご覧ください
http://www.muji.net/mt/events/020130.html

今年のお正月に発売された内容はこちらからご覧いただけます。
http://www.kijidaruma.com/hideyuki-blog/2011/10/
 

2.Found MUJIえんぎもの展
こちらは一部の店舗に限られますが、木地処さとうの作品が展示販売されます!
期間は12月26日~約1か月間です。
販売される店舗は以下の通りです。
Found MUJI 青山(東京)
有楽町(東京)
池袋西武(東京)
難波(大阪)
テラスモール湘南(神奈川)
MUJIキャナルシティ博多(福岡)

お近くの方、ぜひ足を運んで実物を見てくださいね。

以上、年末年始の無印良品とのコラボ企画でした。

年末年始の営業について

今年も残すところが少なくなってまいりました。
年末年始の営業についてご連絡させていただきます。

年内にお届けできるのは、12月14日ご注文分までとなっております。 なお、一部年内に間に合わないものもありますので、そちらは平成25年1月8日以降のお届けとなりますので よろしくお願いいたします。

年内の営業は12月27日までです。 平成25年は、1月9日より新しい年のスタートを切ります!

今年は東日本大震災の避難先、群馬県からの帰還もありばたばたした日々を送りましたが、来年からは腰を据えて製作に取り組むことができると思います。

今後とも木地処さとうをよろしくお願いいたします。
みなさまも素敵な新年をお迎えください!

木地処さとう 英之

シネ・ビデオサークル熊谷 山口さんの作品に紹介されました

シネ・ビデオサークル熊谷で、ビデオ撮影の研究をされている山口さんが、木地処さとうの映像を作ってくれました。
3月までお世話になった群馬県で知り合った方です。

テレビ取材などを見るとよくわかるのですが、ほんの数分の映像を作るにも何時間も撮影して、そして徹夜で編集されたりしているんですよ!

それが個人の方が、今回の場合11分の作品を作るのはどれだけの時間を費やしたか想像しただけで大変なことです。

ぜひご覧になってみてくださいね。

シネ・ビデオサークル熊谷ホームページはこちら
http://cvckumagaya.jimdo.com/

Monmo(モンモ)No.41 に紹介されました

11月10日発売の、Monmoにこけしの特集が掲載されています。

monmo2012.jpg



内容は、伝統こけしの愉しみや、福島県内の伝統こけし工人をピックアップして紹介されています。

木地処さとうも、英之と裕介さんが1ページ出ています!

福島県には土湯系・中ノ沢、それに会津といわきにこけしを作る工人がいて、福島県にスポットをあてて紹介されることはめずらしいですね。
ぜひ手にとってご覧になってください!

ふくしまを楽しむ大人の情報誌という副題がありますが、主に福島県内での販売なのかもしれません。
お近くの書店になかったら、こちらのアマゾンで買うと送料無料のようですのでご利用下さい。

余談ですが、今日のNHKあさイチで鳴子温泉の特集がされていて、鳴子こけしの柿澤是伸工人と大沼秀顕工人が紹介されてましたね~
いろいろなところでこけしが再認識されているようで、嬉しい限りです(^ω^)

三代目 英之でした。

 

 

山河之響の会 銀座展2012

sanganasu07.jpg

 

全員が内閣総理大臣賞受賞の名人級のこけし工人有志結成の会、「山河之響きの会~伝統こけし七人展~」が東京銀座で開催されます。
山河之響の会としては第五回の展示会となりますが、40年以上の工人歴を持つ七人の「響きあい」は大変価値があり、みごたえのある展示になると思われます。伝統こけし界を代表する名人の作を、この機会にぜひご覧いただければ幸いです。
どうぞ万障お繰り合わせの上ご来場くださいますようご案内申し上げます。

山河之響の会とは・・・

sanganasu08.jpg

「山河之響の会」は、35年以上の経歴を持つ名人級のこけし工人有志が、系統を超え、お互いに協力し合う会として発足した会です。

平成24年からは、肘折系鈴木征一工人を迎えました。
会員紹介はこちらからご覧下さい。

 

日程

平成24年11月27日(火)~12月2日(日)

時間 10時~18時
会場

東京銀座・ギャラリーノア
東京都中央区銀座3-9-2 銀座ノアビルB1F
03-3248-2277
sanganasu10.jpgのサムネイル画像

銀座展2012特別セットこけしのご紹介

東京銀座での展示会開催の記念に、7人の工人が持てる技を結集した七福神こけしセットを限定30セット製作いたしました。特製桐箱入りです。ぜひ会場にてごらんください。
sanganasu09.jpg


第4回那須展特別セットはこちらから限定販売しております。
那須展特別セットこけしのご紹介