こけし屋の嫁ブログ

中ノ沢こけし祭り

みなさま、わたしは台風が怖いです((( ;゚Д゚)))
本当になにもなく通りすぎていってくれることを願うばかりです。
どうかどうか、無事にお過ごしください。

わたしたちのこけしのミニギャラリーがあるいわき市小川町では午前中から雨が降ったりやんだり、じとっ、べたっとした不快なお天気で(-_-;) 時折吹き込んでくる風が涼しく感じられていたのですが、15時過ぎからザーっとバケツをひっくり返したような雨が降ってきました。少し弱くなる時間帯もありますが、しばらくは台風の影響で雨が続くみたいですね。気を付けて過ごします!

さて9月11日の中ノ沢こけし祭り。たこ坊主誕生100周年という記念の年に第一回中ノ沢こけし祭りが行われました。
中ノ沢とは福島県の猪苗代湖から北東にある温泉地です。
そうなんです、福島県なんですよ!!

中ノ沢こけしといえば、平成30年に正式に伝統こけしの系統のひとつとなりましたね。わたしたちもこれまで「伝統こけしは11系統あるんですが…」という風にお話していたのを12系統と意識を改めているところです‼️
他の系統のこけしとはちょっと雰囲気も違って独特ですが、ファンも多く、先日のお祭りもこけしの即売は中ノ沢こけしのみにも関わらず本当にたくさんの人・人・人でびっくりしました。今一番アツイこけしは中ノ沢かもしれませんねぇ(*^^*)

中ノ沢こけしの特徴はなんといってもお顔!見開いた目の周りが赤く塗られ、その愛称は「たこ坊主」。愛称がつくこけしは他にあるでしょうか。。。それだけ地域の人やファンから愛されているということかな☆ 「坊主」というからには男の子のこけし。こけしは一般的には女の子なんですけど、その点からいっても珍しいですね。

中ノ沢こけしについて、わたしは疑問に思うことがいくつかあります。
どうして愛称が「たこ坊主」なのか?
目の周りが赤いのはどうしてなのか?

目の周りが赤いことについては諸説あるみたいですが、「酔っぱらった人の顔」という説もあるとのことでした!そんなに昔から子供ではないこけしがあったのか!!となんだか感動✨ していたらやはり子供という説もありました!
色々調べていて、わたしが面白いなぁと感じたのがこちらの記事です。⇒https://www.asahi.com/articles/ASQ983601Q97UGTB00F.html
ご興味があれば読んでみてくださいね。


この写真は中ノ沢こけしを伝承している系譜です。
これを見るとこんなにたくさんの工人さんがいたのに、なぜどうしてこれまでひとつの系統として認められてこなかったのか…本当に疑問ですが、色々おとなの事情があったんでしょうかねぇ(^-^;
そして今は若い工人さんも多くなっていますし、期待が膨らみます!


お祭りでは町が一丸となって盛り上げようとスタンプラリーも行って頑張っているし、お祭りの時のスタッフさんや工人さんの衣装がみんなお揃いの赤いTシャツで、一体感を感じました☆もう本気度が半端ない!!これからますます楽しみです✨

さて、我が家にも中ノ沢こけしをお迎えしましたよ☺️

フフフ(*^^*)
一番右のこけしはオッサンな気がします(((*≧艸≦)
なにか気に入らないことがあって文句言ってそう…(笑)
真ん中は子供のこけしで、左はお兄ちゃんっていう位置付け。
それぞれのこけしの背景にすでに物語が出来上がっていそうです。

これはその後ろ姿。束ねた髪らしきものがちょろっとあるのも面白い。これもまた他の系統のこけしにはあまり見られませんよね。

中ノ沢こけし、土湯こけし、それから喜多方にいらっしゃる井上晴美工人とわたしたち木地処さとう…と福島県で作られているのこけし集合イベント!なんて出来たら面白そうですね✨✨

2022.09.19 みやび

緊張をほぐす顔

今日はキッチンのコンロまわりの大掃除をしました。秋の大掃除です。スッキリした〜!

終わって休んでいたとき、部屋の中でふと視線を感じて顔をあげると目が合いました。

もう2年くらい前から我が家に居るのですが…

「あれ!?中ノ沢こけしみたいやん!」と改めて気付きました。

中ノ沢こけしではなく、これは誠孝工人作です。

どういう経緯でこの中ノ沢こけし風の顔を描いたのか分かりませんが、完全に遊びで作ったもので非売品です。

二年前の夏、小川工房近くにある草野心平記念文学館で開催されるサマーナイトコンサートに声楽家の友人と出演したのですが(実はわたしはハープを弾きます)そのとき、わたしの緊張を和らげるためにこんなふうにして持ってきてくれました(笑)

これを見て友人もわたしも本番前に一気に気持ちがほぐれました(*^_^*) 

注:お酒はこれではありませんでしたが、日本酒でした(^o^)

そんな思い出の詰まったお顔です。

最近、中ノ沢こけしがアツい!と感じています。先週訪れた中ノ沢こけし祭りも大変な盛況ぶりでした。このときのことも忘れないうちにブログに綴っておかないと!必ず近いうちに!!

2022.09.18 みやび

ペンダントトップこけし

あたたかくなってきましたねぇ。庭の梅の木も見事に咲いてくれています 🙂  植物たちも土から新芽を出していて嬉しくなります☆雑草も出ていますが、小さいうちは抜くのも躊躇してしまうほど可愛いんですよね〜。今後のことを考えて心を鬼にして抜いてますが(笑)

そしてそして、昨夜は揺れました。しかも二度も!熊本の地震も2回目の方が大きく揺れたと記憶していますが、昨日もそうでした。。。熊本の人たちもこんなふうに怖かったんだろうな、なんて考えていました。

一度目もそこそこ揺れて、はぁ〜収まった(´Д`)と思って少しするとまたもやグラグラ…💦いつ収まるのか不安になるほど長く感じました 😥  揺れている最中にこけしが倒れる音が聞こえて「花瓶は大丈夫か?!」と動けずに固まってました(^_^;)

今日はわたしは出かけていないので、市内の様子は把握していないのですが、我が家は大丈夫です。家具も食器も損傷ナシでした。ライフラインが止まることもなく、普段と変わらない一日です。

福島県内でも特に宮城県と福島県の県境付近では被害が大きかったようです。こけしの産地でもある宮城県白石市もずいぶん揺れて家具が倒れるなどの被害があったようで、心配です。こけし村も大丈夫かしら… 😐 

 

去年の2月の地震のときもそうでしたが、本当にたくさんの方が心配して連絡をくださいました。ありがとうございます 😀 災害はあってほしくないけれど、こういうときにこそ人との繋がりを改めて意識して嬉しくなります 🙂 

被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、前置きが長くなりましたが、前々からペンダントトップこけしを夫に提案しておりまして、いよいよ試作が出来ました〜!!!

福太郎と福子です。 大きさは2.5センチ程です。 こけしストラップと比較すると…

さらに4寸福太郎(通常サイズ)と比較。

福子こけしも。

小さくなることによって、もっと身近に身の回りに使えるのでは…。しかもペンダントトップだと自分のアイデア次第で色々出来るんじゃないかと思い、やってみました!

ストラップやネックレスは思い付きますよね〜。

今は100円ショップに行けばアクセサリーのパーツもたくさん売っていて手に入りやすいので、便利ですよね(*^^*)

ということでイヤリングやピアスにもいいですよね。

髪留めやヘアピンに引っ掛けて髪に飾るのもいいですね(^_^)

他にも…

ボールペンにぶら下げてみたり、

パーカーのファスナーにしてみたり。シンプルなワンピースのバックファスナーにも良さそう♡もちろんバッグやポーチのファスナーにもいいですね☆

まだ試作段階で販売に至るかどうか分からないのですが(皆さんからの反響次第かも?!)、皆さんならどんな使い方をなさいますか?

アイデア色々教えてくださいm(_ _)m

 

2022.3.17 みやび

『ふくしまほんものの旅』に掲載されました!

久しぶりのブログです。

寒いですね〜。今日は特に風も強くて、あまり雪の降らないいわきでも雪が散らついて冷えています💦

でも立春を過ぎて咲き始めた梅も見かけるようになりました。我が家の庭の梅の木もつぼみが大きくなって、季節が少しずつでも歩みを進めているのを実感しています(^^)

さて、福島県の観光案内パンフレット『ふくしまほんものの旅』に木地処さとうのこけしたちをご紹介いただきました!なんと表紙から裕介工人のねむりえじこ菊です🎶

可愛いかわいい♥

一緒に写したこけしは、右が誠孝工人作「桃太郎」、左が英之工人作「ねむりえじこ誠型椿と菊と梅」です。寝てる子に集まってもらいました(笑)

 

このパンフレットは、福島県内の季節ごとのイベント・おすすめスポット・旅の話題等を紹介するHOTな情報紙です。(←ふくしまほんものの旅・Web版から抜粋)

福島県内の空港や駅、観光案内所、観光施設などに置かれていて、無料です。わたしは今日、納品先の旅館でもらいました。Web版もありますので是非是非ご覧ください!

Web版はこちら→https://www.tif.ne.jp/hontabi/

このパンフレット、2022年の春夏号なんですよね〜。もう春夏のことなんて早ーいと思ってしまいますが💦桜や滝、湖などの明るい写真を見ているとワクワクしてきます(・∀・)

 

ところで先程紹介した桃太郎とねむりえじこですが改めて。

桃太郎は真ん中の顔の部分が動く仕掛けになっていて寝たり起きたりします。手に持って触れて木の温かみを存分に味わえます☆

ねむりえじこは首の位置を変えるだけで表情が違って見えます。このねむりえじこはえじこ部分に梅、椿、菊と3種類のお花が描かれているので気分によって正面の絵柄を変えることも出来ます。

裕介工人のねむりえじこも写真を撮りたいところなんですけどねぇ…。なんといっても大人気で出来た側から旅立っていってしまうのです。

今日はいわき市内のお客様からのご注文品を珍しくお届けに上がったのですが、こけしを前にとてもとても喜んでくださって、久しぶりにお客様と直接お話できたのもあって、その喜びっぷりに嬉しくて泣きそうになりました。こんなふうに喜んでもらえる仕事が出来るなんて、ほんとありがたいです。

わたしもこけしの魅力をもっと引き出して伝えていけたらなぁって思っています🎶 

2022/02/21 みやび

福缶2022 無印良品

焼き芋が美味しい季節になってきましたね~。(←いきなり食い気(~_~;))
寒くなってくると縁側に猫が昼寝をしにやってきます。

壁にぴったりくっついてしっぽを丸めて…かわいいですねぇ。
我が家の飼い猫ではないのです。
でもしょっちゅう入り浸っていまして、庭で狩りをしたり昼寝したり、もう我が物顔です。
わたしや夫が通りかかっても顔を上げるだけで微動だにしません。
わたしたちも触ろうとしたり追い払ったりしないので、猫も分かっているのでしょうね。

さて、最近コンビニや郵便局で「年賀状印刷」などの文字を見かけるようになって、なんだかそんな季節なの?とあまりピンとこないフリをしていたのですが…
近頃来年のカレンダーを続けていただいて、年末年始が近づいていることをようやく意識するようになりました。
年末は新年を迎える準備やこけしを心待ちにしてくださっているお客様へのお届けなど頭がぱんぱんになりそうなことばかりなのですが、新年のことを考えるとちょっと気持ちがゆったりしてわくわくするような気がします。
たった1日の違いなのに、頭の中の意識って不思議。

その新年になってから発売される無印良品の福缶( *´艸`)
来年発売される福缶にも木地処さとうは参加させていただきましたよ~!
福缶の詳細はこちら↓↓↓
https://www.muji.com/jp/fukukan2022/

木地処さとうからは福子こけし(福缶特別バージョン)が入ります♪

※福缶特別バージョンなので、木地処さとうの工房やホームページでの販売は行っておりません。

ちなみに福子こけしオリジナルバージョンはこちら。

この福子こけしはとても人気で、今現在もお待ちくださっているお客様が何人もおられます。
まさに今、わたしの横で制作中です。
お待たせしている皆さま、もう間もなくです(*^_^*)
あ、こちらの福子こけしオリジナルバージョンは木地処さとうのホームページからご注文いただけますよ(^^)
気になる方はこちらからどうぞ⇒https://www.kijidaruma.com/shop/products/list.php?category_id=83

 

来年の福缶は抽選販売だそうです。
まずは福缶を購入する権利が当たらなければ買うことすらできないみたいです。
わたしも抽選販売に応募しました!!
当たるかな~当たるかな~✨
懸賞にでも応募したような気分でワクワクしています。

抽選販売は今も応募期間中です。
11月28日の18時までだそうですので、気になる方は応募してみてくださいね。

無印良品の福缶のホームページを見ていると、中に入る縁起物は、来年が寅年だからかトラが多いような気がします。
どれも愛らしくて素朴でカワイイ~♪

そういえば、この福缶で初めてこけしを手にして(しかも木地処さとうの!!)、こけしの良さを知りました!とお手紙をくださった方がいました。
こういう出会いもあるんですよね。
わたしたちにとって、本当に嬉しい思い出の一つです。
無印の福缶は決して楽な仕事ではありません。
でもこういうお手紙をいただくと全部吹っ飛びます(*´▽`*)

 

これから12月に向けてますます寒さが増します。
体調の管理に気を付けて元気に頑張りましょう~~~!!

2021年11月25日 みやび

旅に出たい

最近少しずつコロナの話題も落ち着いてきていますね。
緊急事態宣言も蔓延防止等重点措置なども解除されて、わたしも出かけたい欲がむくむくしている今日この頃です。
ただ、ビビりなもんで💦 まだしばらくたぶんおとなしくしていると思います(笑)

そんなわけでその旅に出たい気持ちも本を読むことで紛らわそうと、こんな本を読みました。

江戸時代、江戸からお伊勢まいりに行く女3人の道中を描いた小説です。
時代もの小説も大好きでよく読みます。
江戸時代は今のように交通の便がいいわけではなく、徒歩で向かう道中はそれはそれはいろんなことがあっただろうなぁと想像するだけでもドキドキします。
東海道を歩く人たちも、はじめは知らない顔ばかりでも同じ方向に向かっているうちに顔見知りになり、一緒に歩いたりするようになるのかな、とか、行く先々の美味しいものをいただくのは楽しいだろうなとか想像しました。
歩いて旅をするのは時間的にも金銭的にも体力的にも大変なことですが、目的地にたどり着いたときの充実感たるや、ものすごいものがあるのでしょうね✨

お伊勢さまといえば、わたしは大阪の出身ですので、まず小学校の修学旅行が伊勢でした。
当時は伊勢のなんたるかも知らずにお土産物店をめぐるのを楽しんだことと、二見ヶ浦で夫婦岩の間から昇る朝日を見るために朝早くから起こされ出かけて行ったのに曇っていて朝日は拝めなかったこと、そんな思い出しかありませんが、この本を読むとそれが大変に申し訳ないことのように思えます(^^;)

伊勢は大好きでその後も何度か行きましたが、今度はまだ行ったことがないという夫と行ってみたいと思いました。
一緒に連れて歩くこけしを選ぶとしたら写真の福太郎(2寸)かなぁ。
江戸時代に徒歩で行かれた方々にも思いを馳せて次はじっくり伊勢を感じたいです。

 

そして今はこの本を読んでいます。

この本は表紙を見て読むことに決めました(笑)。
きっとどこかで絵付けされたこけしを表紙にしたんだろうな。
わたしも自分で絵付けしたこけしを横に置いて写真を撮ってみました。
『表紙がこけし』というだけでこけし屋としては嬉しくなるのです(*^_^*)

この本を書かれた酒井順子さんといえば「負け犬の遠吠え」ですよね。
負け犬の遠吠えも面白くて、それ以来わたしはこの方のエッセーのファンです。
今読んでいる「来ちゃった」は酒井さん自身の旅先でのことが書かれています。
読み始めたばかりですが、「へぇ~、行ってみたいな」と思うエピソードがたくさん。
旅に出たい欲を読書で抑えようとしているのにむくむく湧いてきてしまってます(”Д”)
もう少し読み進めると東北各地、いわきにも来られているようなのでそこを読むのも楽しみです。
それでは今日はここらで終わるとします!

2021年10月8日 みやび

わらの人

山本甲士さんの「わらの人」という連作短篇集を読みました。

とある理容室で髪を切ったことから思いがけず激しくイメチェンしてしまった人たちのことが書かれています。

そんな理容室があればわたしも髪を切ってもらいたいなぁ〜。そういえばそろそろ美容室に行くようなタイミングかな。イメチェンもいいかも。そんなことをふわふわ思っています。

この本の中に作務衣についての描写があって、それがとても素敵なんです。この作家さんは「ひかりの魔女」という別の小説でも作務衣を着たおばあちゃんのお話を書かれているのですがこれまた魅力的な、目標にしたくなるようなおばあちゃんなんですよ😊

昨年、主人が市民講座で講演することになったときに主人には作務衣を作ったのですが、この描写を読んでわたしも自分用に家事や庭仕事などする際の作業着として作って着てみたいなぁと思いました。作務衣を着ることで気持ちがぴりっとしそうで、色んな仕事がはかどりそう…なんて考えてしまいますが、結局は自分次第ですよね〜。でも形から入るのも悪くないかも😜

最後まで読みましたが、「わらの人」というタイトルの意味が分かりません💦ご存知の方がいたら教えてください😫

 

写真のこけしは英之工人作・菊一輪(3寸)です。庭の菊もいっぱい蕾を付けていて、もうすぐ咲きそうです🌼

 

台風が心配ですねぇ。いわきでも晴れてはいますが、風が出てきました。飛ばされそうなものや倒れたら困るものは中に入れたり、対策をしないといけませんね。

皆さんもどうかご無事にお過ごしくださいね😉

 

2021.9.30 みやび

妖精アマビエこけしが交流事業に!

このたび、いわき市の小学5年生、6年生と共に妖精アマビエこけしが宮崎県延岡市との交流事業に参加することとなりました!

詳細は新聞記事にある通りですが、アマビエこけしが選ばれたのはとても嬉しいことです🙌

小学生たちが作るアマビエこけしはどんなものになるんでしょうね(*^_^*) とても楽しみです☆


 

 

 

最近コスモスが盛大に咲いて、虫の声も元気で日が落ちるのも早くなり、とてもとても秋を感じるようになっています。
秋と言えば…食欲の秋!スポーツの秋!芸術の秋!読書の秋!…と色々ありますが、近年のわたしは読書で食欲を満たすべく…食べることや食堂、食材、お料理などをテーマに書かれた本、主に小説を読んでいます。
若い頃はミステリーや恋愛ものもたくさん読んだのですが、最近では気楽に読めるものを選んで読んでいます。
とはいえ、読み終わったあとはじーんときたり、色々考えさせられたりすることもあるわけですが。
最近読んだのがこちら↓

和菓子をテーマに10人の作家さんが書いた小説。
シャープなお話の中に和菓子の名前が出てくるだけでその場の空気が和むような、ほんわかする気がします。
和菓子とこけしってなんか、合いますよね😍


わたしが好きな和菓子って何だろう~と考えていたんですが…
どらやき、イチゴ大福に豆大福、おはぎ、みたらし団子…なんでも好きなんですが、
やっぱり一番は水ようかん、かな。
昔から大好きです(*^_^*)

2021年9月28日 みやび

4月の写真

梅雨の走りのお天気が続きますね。
雨がひどい地域もあるようですが、大丈夫でしょうか。
まだ5月というのに、爽やかな季節をもっと味わいたいのに、早くもムシムシする日があったり、梅雨寒のような寒さを感じたり、本来の5月はどこへいってしまったのでしょうか…(^^;)

さて、わたしもちょくちょくこけしの写真を撮影するようにしているのですが、なかなかアップできずにいまして💦
ようやくここにきて(もう5月も19日なのに!)先月撮った写真を何枚かご紹介したいと思います。

こちらはこのブログでも何度か紹介しているご近所にある小川諏訪神社で撮影したものです。
桜と新作の桜えじこ「桜子」。
あぁ、かわいい。


ドウダンツツジの花が満開でした。
ドウダンツツジってこんなに可愛い花が咲くんですね!
我が家の庭にも植えてあるのですが、まだまだこんなにたくさんのお花は咲きません…。
ドウダンツツジのドウダンは漢字に変換すると「満天星」となるようです!
すごく素敵な漢字で表現されるんですね☆
秋になると紅葉する木ですし、それもまたキレイでしょうね~!
藤乃こけしもなんだかちょっと嬉しそうですね♪

ネモフィラです!!
こちらは久々に登場、2寸の福太郎!!
いわき市フラワーセンターでの撮影です。

引いて撮ってみました!!
なかなかにキレイです!

咲き始めたモッコウバラ。福太郎の赤が黄色に映えます。

多肉植物もこんな素敵に寄せ植えできたらなぁ~。
福太郎はちょっと痛そうですね(^^;)

こけしファンの皆さまの写真に比べるとまだまだですが💦
これからもちょくちょく撮影してはご紹介できればと思っておりますので、お付き合いいただければ幸いです。

わたしの目下の目標は庭にあるお花と一緒にこけしの撮影をすること!
そのために今、一生懸命庭の雑草を取っています。
庭にお花も増やしたいなぁ。
夢ばかりが膨らみます(笑)

2021/5/19 みやび

こけしの時計とキーホルダー

うぐいすが元気に鳴く季節になりましたね!
桜が舞って、梅の木には葉がちらほらし始めました。
ボケの花が今満開ですね🌸

昨年の今頃は妖精アマビエこけしが誕生して、たくさんのご注文をいただき、てんやわんやでした💦
あまりにたくさんのご注文に6か月ほどお待ちいただいた方もいました。
6か月先…コロナウィルスが収束していたらいいなぁ。でもそうなるとアマビエこけしいっぱいキャンセルになるかなぁ~なんて複雑な思いもありましたが、まだまだですね。第4波が来ていると言われてますし、大阪や宮城での感染急拡大に不安や心配が絶えません。
アマビエさんにはこれからも活躍してもらわなければなりませんね。
木地処さとうでは妖精アマビエこけしのご注文はまだまだ受け付けていますよ(*^_^*)

ところで最近、わたしの従兄弟から突然宅急便が届きました。
従兄弟もモノづくりが大好きで、それを生業としているのですが、今般新しく機械を導入したらしく、その試作を作って送ってくれたのです。

それがこちら!



なんと福太郎と福子が時計になっていました☆

他にも妖精アマビエこけしと桜えじこ「桜子」が…

こんなに可愛らしいキーホルダーに!!

プラスチックに写真を転写して作っているようです。
写真の他に絵などからでも作れるそうです。
試作とのことで本格稼働はこれからだそうですが、気になる方はユニモノまで問い合わせてみてくださいね。

暖かくなっていい季節ですよね。
お出かけしたくなる気持ちをぐっとおさえて、わたしたちももう1年くらい市外にすら出ていません。
主人はこんな時だからこそ皆さまに楽しんでもらえるこけしを作りたい!と、あれやこれや考えて新作を発表しています。

最近はお届けしたこけしの写真をSNSで発表してくれるお客様が多くいて、その写真を見てわたしたちが励まされています。写真の撮り方一つでこんな風になるのね!とわたしもとても勉強になっています。ありがたいです(#^.^#)
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

今日はいわきもとても暖かいのですが…これから寒気が入ってきて寒くなるそうです。
寒暖差に体調を崩さないように気を付けないといけませんね。
それではまた!!

2021.4.8 みやび