こけし屋の嫁ブログ

新緑の赤城山

ゴールデンウィークも最終日となりました。みなさまどんな連休をお過ごしですか?

木地処さとうが一時移転した赤城山は、すっかり新緑の季節となりました。
あの骨組みだけだった藤棚も、すっかり工房へと変わりました。
DSC00945.jpg

思えばここへ来た3月23日はお彼岸でしたが、とても寒かったことを思い出します。
よく雪が降ってましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ それが梅、桜の季節を過ぎ、今は桃の花が満開となりました。
でもここは標高600m。まだ桜が咲いているところや、これから咲くところもありますよ。

DSC00948.jpg
庭の一部です。木蓮とたんぽぽが咲きました。

DSC00947.jpg
もみじと、手前はつつじの一種だと思うんですが。きれいな花です。

DSC00946.jpg
いわきから運んできた薪ストーブ。誠孝さんは毎朝これでご飯を炊いています。
これはずっと続けている習慣で、どうも薪でご飯を炊かないと物足りないようです。
燃料になる薪はいくらでも手に入りますから、いわきよりは薪ストーブにはむいていますね。

私たちの連休は、ずっとお待たせしてたご注文にお応えすべく、製作をつづけていました。
おかげさまでようやく追いついてきたようです。ご迷惑をおかけしたお客様、ごめんなさい!

赤城山でこけしの仕事をしていると、町に出向くことがほとんどないので、時間の流れがゆっくりな
感じがしています。
ふるさとへの思いは忘れることはありませんけど、ここへ落ち着いたのも運命だと思えるようになってきました。赤城山でがんばることで、新しい自分達の未来を作ってゆきたいものです。