2009年10月

荒地


120*82mm 鉛筆


poem
『雲隠れ  見えず仕舞いか  星の群れ』


流星群も、ちっとも見る機会のないまま、今夜は曇り空。

最近夜は無闇に眠くて、なかなか見る気分になりません…。

夢の旅路


120*82mm 鉛筆


poem
『朝もやに  ふらふら歩く  猫の尻』

世界は慌しく物騒ですが、我が家は呆れるほど平和です。


鉛筆はあまり好きな画材ではなかったのですが、色々実験してみると、案外面白い道具のような気もしてきました。

こんなの作ってみた。


カエデ材 墨 水彩

木製のストラップです。


poem
『あせるほど  筆が進まぬ  秋の宵』


進まない上に、良いイメージも湧きにくい…。

芸術の秋とはいえ、ダメな時はダメですね(^^;。

想い揺らめく


120*82mm 鉛筆


poem
『予期しない  筋肉痛に 面食らう』


昨日の側溝掃除の影響で、今日は筋肉痛です。

まさかそこまでキツイ作業だったとは思ってなかったのですが…。

彷徨う人


120*82mm 鉛筆


poem
『夕立に  濡れ染まる肌  細い髪』


今朝は、家の周りの側溝掃除をしました。

重いコンクリートの蓋を開けるのは、希少な若者の仕事になるのですが、さすがにこたえます。


数年後に下水道が整備されることを見込んで取り付けられた重い蓋ですが、万が一、予算削減の波で下水工事が凍結したら、永久にこの作業を強いられることになります。

我が近所でも高齢化は他人事ではないですし、その内、住人余すことなくく腰痛持ちになることも有り得るから困ります。

小さな家


120*82mm 鉛筆


poem
『秋の宵  雨降る闇の  唸る猫』


昼下り、少しのつもりでうとうとしていると…、気が付けば夕方。

月光


120*82mm 鉛筆


poem
『飲み下す  苦悩と共に  新しき術』


新たに技術や感性、霊感を我が血肉にする。

難しいながら、一歩一歩野心に近づく喜びがあるものです。


飛ぶ鳥のように、目覚しく鮮やかに飛躍することは出来そうにありませんが、それもまた良いでしょう。



シャンソン歌手のクミコさん。

「わが麗しき恋物語」を、久しぶりにラジオで聴きました。

あの歌を聴いて、泣くなって言うほうが無理ですね。

静かな山


120*72mm 鉛筆


poem
『秋の宵  ピアノが唸る  身代わりに』

大体その時の気分がピアノの音色に反映するものですが、今日は音量が大きく、しかも剣のようだった気がします。

日暮れ


120*47mm 鉛筆


poem
『秋高し  ぼんやり想い  墨を磨る』


秋も深まり、庭もすっかり寂しげな様相を呈してきました。

ぼちぼち来年に向けて、土の手入れのことを考えなくてはなりません。

夢の旅路(03)


120*83mm 鉛筆


poem
『目の奥が  ずーんと重い  晴れたのに』

こんないい天気の日に体調がすぐれないのは、何となく残念な気がします。

せめて空想の世界で、とろけるような夕日に包まれてきます。