2009年03月

シルバーホワイトを使ってみる。


「わざわざ有害な顔料を使う必要もないだろう」と、今まで避けていた白「シルバーホワイト」を初めて使ってみました。

白はどうしても混ぜると濁るのが悩みだったのですが、どうもこの白は事情が少し違うということを聞いて購入。

なるほど使ってみると、ジンクやチタン白などとは感触が違います。
何となく素直な印象ですね。

ちなみに使用したのはホルベインのシルバーホワイトです。

模写


敬愛する画家、ウィリアム・アドルフ・ブグローの作品の模写です。

大変に美しい絵を残した方なのですが、日本での知名度は今一つかな?
19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で、その作風は、伝統的でありながら甘美でやわらかく、人物の瞳にはなんとも言えない深みが感じられます。
ウィキペディアで作品が見れますので、興味がある人はそちらで。

何とか再現しようと頑張ってみるんですが、難しいですね、当然ですが(^^ゞ。

彼のインスピレーションを汲み取り、取り入れて、その上で日本人を描きたい、そう思います。