2012年11月

流れ

 

11_30.jpg

『流れ』

 
90*63mm 水彩
 
 
料理中、うっかり蒸気で手を火傷してしまった。
冷やしてる間は痛みが消えるけど、右手なので何とも面倒です(^_^;)。
 
 
一句
『寒空に  連なり滑る  白の群れ』

 

田舎道

 

11_29.jpg

『田舎道』

 
90*63mm 水彩
 
 
 
一句
『冬麗  色付く並木の  揺れる道』

 

風が走る

 

11_28.jpg

『風が走る』

 
90*63mm 水彩
 
 
 
一句
『冬の風  光持ち去る  雲来る』

 

 

11_27.jpg

『凪』

 
90*64mm 水彩
 
 
 
一句
『灰色の  鳥の子巡る  冬の川』

 

そよかぜ

 

11_26.jpg

『そよかぜ』

 
90*65mm 水彩
 
 
 
一句
『冬の雨  灰空を行く  白い群れ』

 

細くびれ梅模様

 

11_25.jpg

『細くびれ梅模様』

 
3寸 カエデ
 
 
 
一句
『波の花  見えずとも来る  明日の風』

 

並び立つ

 

11_24.jpg

『並び立つ』

 
90*63mm 水彩
 
 
一句
『熱燗を  愛する夜の  隙間風』

 

そらだぁぁぁっ

 

11_23.jpg

そらだぁぁぁっ

 

 
90*63mm 水彩
 
 
水彩画の技法書を開くと、大概、紙は良いものを選ぶべきと書かれています。
確かに高価な紙ほど、難しい表現がし易い構造になっていますし、紙自体の強度も優れています。
 
ただ使ってみると、逆に単純な表現をしようと思うと難しいです。
複雑に絡み合った繊維が、それを難しくしています。
単純さの中に心の扉を見出そうと思えば、むしろ安価な紙を選ぶのも適切ということもありますね。
 
結局絵なんてものは、一人ひとりの好みですし、難しい表現だから良いというものではありません。
紙なんて、好きなものを使えば良いのです。
 
 
先日手に入れたハクキンカイロ、どうぞ皆さん腰に潜ませてみてください。
これは快適ですよ(^^)。
 
 
一句
『鷹の立つ  木立は黒く  風を受く』

 

飛散

 

11_22.jpg

『飛散』

 
90*65mm 水彩
 
 
 
一句
『白鳥の  飛び行く先の  白き空』

 

夕暮れの風

 

11_21.jpg

『夕暮れの風』

 
90*65mm 水彩
 
 
ハクキンカイロなるものを注文してみた。
燃料を使う懐炉で、使い捨てカイロの13倍の熱量、最大24時間暖かさが続くという、バイク乗りとしては注目せざるを得ないアイテムです(^^)。
 
 
一句
『冬の風  堪えて走る  光る道』