2012年04月

春の夢



『春の夢』

90*65mm 水彩



一句
『伏せて咲き  仰げば散り行く  四月哉』

外には春が



『外には春が』

85*63mm 鉛筆


このバイクもいいなぁ。
「ヤマハ FJR1300」

高級車の部類ですが、これなら高速走行時も快適でしょう。


一句
『花香る  薄紅の道  春の山』

春を歩く



『春を歩く』

78*55mm 水彩



一句
『組み上がる  足場見上げる  晴れし春』

箸立て



『箸立て』

ミズキ 蜜蝋


思い立って、作ってみた。
少し改良せねばなりません。


一句
『急ぎ足  なだめなぐさめ  春の雨』

春が香る



『春が香る』

85*63mm ペンとインク 水彩


となりのお宅の方は、時速300キロは出る超馬力のバイクに乗っているのですが、一体どこで、その性能を使っているのだろう…?

どれ程のパワーか、私も乗ってみたいものですが、命には代えられませんね(^_^;)。


一句
『春香る  散る花びらに  染まる道』

小寸ロクロ模様こけし





『小寸ロクロ模様こけし』

2.5寸 ミズキ 佐藤誠型


暖かくなって、だんだんやる気が沸いてきました。

漸く正月ボケが抜けたといったところでしょうか(^^)。


一句
『ハイボール  呑まれフラフラ  春の夜』

春の夢



『春の夢』

85*63mm ペンとインク 水彩


『MIDNIGHT BLUES』 荒木一郎

久々に、繰り返し聴いてます。



一句
『未だ火の  温もり恋し  春の夜』 

ロクロ模様こけし





『ロクロ模様こけし』

5寸 ミズキ 蜜蝋 佐藤誠型


夜の街灯が、アスファルトに散る花びらを照らし出す。

まるで星空のよう…に見えないだろうかと、目を細めたりしながら、下ばかり見ながら歩く、桜の並木道。


もう少し粘れば見えたかもしれないが、今回は微妙だった。


一句
『招かれる  花びらの散る  夜の道』



『空』

85*63mm ペンとインク 水彩


着ない服を処分した。
1/4くらいに減っただろうか?

元々衣装持ちではないが、大して困りもしないでしょう。


一句
『静けさや  行く道に散る  桜哉』