2010年06月

子猫


 
『子猫』
 
190*120mm 鉛筆
 
 
『梅の実を  採るは水無月  晦日なり』

スケッチ


 
130*100mmくらい ボールペン
 
昔の子供は、どうやってこけしを背負っていたのかなぁと、考えながら描いてみる。
 
 
一句
『梅雨の日や  ひとつすずしき  風過ぎゆ』

こけし


 
『こけし』
 
127*90mm ペンとインク 水彩
 
 
一句
『一日の  暑さ静まる  夏の月』

走り描き


 
100*66mm 水彩色鉛筆
 
 
私の下手なピアノは、「ブルグミュラー25の練習曲」の6曲目、「進歩」を練習しているところ。
 
遅々としたペースですが、何とか進んでいます。
 
 
一句
『聞入れば  潜む鳥獣  夏野哉』


 
『畔』
 
90*63mm 鉛筆 水彩
 
 
一句
『闇に聴く  音さえ涼し  夏の雨』

ひまわり畑


 
『ひまわり畑』
 
127*90mm ペンとインク 水彩
 
 
ラフの段階で不備があったために、とても困りながら描きました…。
 
 
 
一句
『夕時の  南の風に  シャツ踊る』

うさぎのスケッチ


 
『うさぎのスケッチ』
 
120*82mm 鉛筆
 
 
 
一句
『ただひとつ  落ちる赤い実  夏の庭』

跳ねる


 
『跳ねる』
127*90mm ペンとインク 水彩
 
 
 
一句
『梅雨空や 沖縄慰霊の 日が来たる』

駆ける


 
『駆ける』
 
127*90mm ペンとインク
 
 
一句
『ささやかに  吹き入る夏の  夜風哉』