2010年06月

暮れる田舎道


 
『暮れる田舎道』
 
127*90mm ペンとインク 水彩
 
 
 
一句
『夏の夜  酸いも甘いも  人次第』

神社のスケッチ


 
『神社のスケッチ』
 
F1号  水彩
 
 
一句
『寝不足の  眼を覚ます  夏の風』

木陰


 
『木陰』
 
127*90mm 鉛筆 水彩
 
 
 
一句
『並び立つ  ひまわりの芽の  姿かな』

少女


 
『少女』
 
127*90mm ペンとインク 水彩
 
 
一句
『六月の  けむる日暮れは  やや涼し』


 
『岬』
 
127*90mm 鉛筆 水彩
 
 
 
一句
『夏の日や  そよ風感じ  昼寝する』

少女


 
『少女』
 
510*380ピクセル  デジタル
 
 
呑みすぎ食べすぎ。
 
寝る以外に取る術を、私は知らない。
 
 
一句
『夏の宵  蛙の音に  目を伏せる』

朝早く


 
『朝早く』
 
127*91mm ペンとインク 水彩
 
 
一句
『夏の雨  芽吹く双葉に  和む朝』

空が流れる


 
『空が流れる』
 
127*90mm  ペンとインク  水彩
 
 
やはり水彩は良い。
 
 
一句
『夏の雨  ぽつりぽつりと  背を冷やし』

空を仰ぐ


 
『空を仰ぐ』
 
100*66mm 鉛筆 色鉛筆
 
 
一句
『夏の雲  暮れ行く空に  染まりけり』

ねこのあし


 
『ねこのあし』

70*65mm ペンとインク


一句
『六月の  陽射しを避ける  首輪猫』