2009年10月

恵のあと


120*82mm 鉛筆


poem
『秋深し  確かに鳴った  はずの時計』


春眠は暁を覚えないらしいですが、秋眠だって同じに思えてなりません。

眠りながら目覚ましを止める能力なんて、訓練を受けた覚えはないんだけどなぁ。

ひそやかに


120*82mm 鉛筆


「小春日和」は冬の季語らしいですね。
Yahoo!百科事典によると、「太陽暦ではほぼ11月から12月上旬に相当する時期」らしい。

数日早かったらしい(笑)。


山口百恵の「秋桜」の印象があって、コスモスが咲く頃の言葉だとばっかり思ってましたが…(^^;。


あくまで、寒い季節の中でのほっとする暖かさを讃える言葉であることを認めて使用することが大切なのでしょう。



poem
『沈黙の  蜂の巣見上げる  宵の庫』


マラカスみたいな形の蜂の巣が、図々しくも倉庫の電灯にぶら下がってました。

すでにカラだと良いのですが。

流離う人


120*82mm 鉛筆


今日のような日を、小春日和と言うのでしょうか。

「小春日和」と言う言葉を使って一句詠んでみようと思ったのですが、これが中々難しい。


「こはるびより」、6文字だから、一般には五七五の真ん中に置く必要がある訳ですが、こういうものは始めか結びに置ければ簡単なんですけど…。

結局、考えているうちに夜になってしまいました(^^;。


poem
『秋桜  小春日和に  知らぬ顔』

里の秋


120*82mm 水彩


poem
『秋深し  しんと染み入る  宵の闇』


近頃、生活スタイルが変わってから、中々色を付けるまで出来ていないなか、久々に描いた、水彩らしい一枚。

光の扉


120*82mm 鉛筆


早めに一日の仕事を終わらせて、早く寝たいと思うのですが、ちょっと油断すると遊んでしまって遅くなってしまうのが常です…。


poem
『秋深し  佇む鷺に  季節を重ね』


私の好きな句に、細見綾子と言う明治から昭和を生きた俳人の、
『ふだん着で  ふだんの心  桃の花』
と言う句があります。

なんという、繊細で優しい感性なんだろうと、琴線にびんびんと響いたものです。

私は、どちらかと言うと雑な感性をしているような気がしているのですが…、いや、だからこそ、このような、絹に触れるような繊細さに近づきたいと思うのかもしれませんね。

行く風去る風


174*125mm 鉛筆



ついこの間までは、こんな絵を描こうなんて考えもしなかったのですが…。

最近は楽しみを覚えたと言うか、抵抗がなくなったような気がします。



poem
『秋雨や  纏う衣に  里の念』

月夜


120*82mm 鉛筆


アクアマリン潮目交流館での物産展も無事、盛況のうちに終えることが出来ました!

いくつか新しい取り組みも加えてみた今回でしたが、中々の手応えが感じられて、私個人としても成功したイベントだったと思います。


何といっても終わり際に、似顔絵を描いた女の子からお菓子のプレゼントを貰ったことですね。
これには感激しました、ジーンと来ました…。

途中、時間による光の変化で、かなり苦しい状況があったりもしましたが、その出来事で疲れも吹っ飛びました(^-^)。


poem
『朧月  佇む心  吾亦紅』

林檎の野道


70*50mm 鉛筆


poem
『暁や  熟れる太陽  柿の如く』



「飛鳥Ⅱ」なる大型客船を始めて目の当たりにしました。
さすが、うわさに違わぬ巨体。
何だかマンションかホテルが浮かんでるようにも見えました。


いつか、あんな船に乗って世界一周の旅なんてしてみたいものです。

光に包まれて


173*124mm 鉛筆 水彩


poem
『秋の日や  早く起きると  望むも虚し』

何故人は、二度寝する口実を巧みにひねり出せるのか??


ともかく、明日はアクアマリンでのイベントがあるので、早く起きないわけにも行きません…。

いわき市アクアマリン、物産展。

今週末の24・25日の二日間、いわき市小名浜アクアマリン、潮目交流館の物産展に参加してきます!


24日には、大型客船「飛鳥Ⅱ」が入稿します。
私は現物をまだ見ていませんが、アクアマリン水族館より大きいらしいです(^^;。

この機会に見学に来られてはいかがでしょうか?