2009年10月15日

静かな山


120*72mm 鉛筆


poem
『秋の宵  ピアノが唸る  身代わりに』

大体その時の気分がピアノの音色に反映するものですが、今日は音量が大きく、しかも剣のようだった気がします。