2009年10月14日

日暮れ


120*47mm 鉛筆


poem
『秋高し  ぼんやり想い  墨を磨る』


秋も深まり、庭もすっかり寂しげな様相を呈してきました。

ぼちぼち来年に向けて、土の手入れのことを考えなくてはなりません。