2009年10月17日

小さな家


120*82mm 鉛筆


poem
『秋の宵  雨降る闇の  唸る猫』


昼下り、少しのつもりでうとうとしていると…、気が付けば夕方。