2011年04月

達磨



『達磨』

127*90mm 水彩


一句
『明暗と  落ち着かぬ色  春の空』

ねむりえじこ



『ねむりえじこ』

高さ6cm程 ミズキ


佐藤裕介作としては初のえじこ。
その、ねむりバージョン。

えじこ…昔の農村で、赤子を藁で編んだ籠に寝かせた姿をイメージして作られた木地人形。


一句
『赤深く  開く桜や  赤城山』

春が香る



『春が香る』

127*90mm 水彩


仙台空港の映像、余りにも大きい津波の力に唖然としてしまいます…。


一句
『春の日や  裾野の町の  眩しさよ』

起き上がり達磨



『起き上がり達磨』

1.5寸 ミズキ 蜜蝋ワックス仕上げ


埋め込むおもりを倍の重さにしたおかげで、素早く起き上がります(^^)。


一句
『南風  花も嵐も  運びけり』

風は冷たく



『風は冷たく』

127*90mm 水彩


現在活動している渋川市赤城町には、溝呂木と名のつく交差点があります。

「溝呂木交差点」…、何の変哲もない交差点ですが、その響からなぜか、艶っぽい印象を受ける。
演歌の歌詞に出てきそうな。

「♪ああ〜、なつかしい〜、みぞろぎ〜こうさてん〜」…。
そんなイメージが、浮かんできてなりません(^_^;)。


一句
『天に色づく  しだれ桜の  蕾哉』

春の夢



『春の夢』

127*90mm 色鉛筆


一句
『静けさに  思いは巡る  春の夜』

榛名山



『榛名山』

127*90mm 水彩


最近のホームセンターは、食料品も置いているんですねぇ。
ニーズに応えてのことなのでしょうが、私は相変わらず工具のコーナーくらいしか見ません。

高速道路を走っている最中、ゲリラ豪雨に遭遇する。
ガラスが割れるのではないかと思うような激しい雨でしたが、一番気になったのは降り出す直前に追い抜いていったバイク。
後ろに乗っていたスカート姿の女の子、露出した脚にアザでも出来たのではと心配してしまいます…。


一句
『春雷に  目覚め荒ぶる  豪雨哉』

春薫る



『春薫る』

127*90mm 水彩


赤城山の畑仕事も、本格的に始まる時期のようです。
この辺の土は、はっとするほど黒々としていて、触るとその繊維質の多さが分かります。


一句
『春霞  隠れし山の  鳥の声』

夕焼けの赤城



『夕焼けの赤城』

127*90mm ペンとインク 色鉛筆


一句
『暮れる山  並びし桜の  残り花』

行く春を



『行く春を』

127*90mm 鉛筆 墨


赤城の山は、再び雪化粧。
土地によっては12度も気温が下がったとか。

暖かい、春らしい日をありがたく感じるのは、自分が年をとったからなのだろうか?

一句
『雨が染みる  黒き畑を  猫が行く』