2011年04月11日

あれから一ヶ月



『あれから一ヶ月』

127*90mm 鉛筆


長かったような短かったような、あの未曾有の震災から一ヶ月。
テレビに映る痛ましい光景、2時46分の黙祷、その後間もなく起こる大きな余震。

その影響の大きさに、胸の奥を鷲掴みにされ揺さぶられるような感覚は、むしろ時が経つほどに大きくなるように感じます。


一句
『二分咲きの  桜見上げる  木偶一人』