2013年01月

ねむりえじこ

 

1_30.jpg

『ねむりえじこ』

 
ミズキ 木蝋
 
 
 
一句
『残照に  見取る時刻や  冬の果て』

 

雨上がり

 

1_29.jpg

『雨上がり』

 
80*56mm 水彩
 
 
 
一句
『青白く  浮かぶ野道や  冴える月』

 

夕暮れ

 

1_28.jpg

『夕暮れ』

 
80*56mm 水彩

 

ひかり

 

1_27.jpg

『ひかり』

 
80*56mm 水彩
 
 
 
一句
『白光  氷の軋む  冬の道』

 

帰り道

 

1_26.jpg

『帰り道』

 
80*56mm 水彩
 
 
 
一句
『雪の夜  あみあみあみあみ  あみ更ける』

 

グラデーションこけし赤系

 

1_25.jpg

『グラデーションこけし赤系』

 
各3寸 ミズキ 蜜蝋
 
 
赤系で三種類作ったつもりだったのだが、完成してみるとあまり色味に差がない…。
左から、オレンジ、茶、赤の味付けにしているのですが、言われないと分からないかな?
 
 
一句
『天窓を  裂き飛び去らん  冬の鳥』

 

グラデーションこけしたち

 

1_24.jpg

『グラデーションこけしたち』

 
各3寸 ミズキ
 
 
 
 
一句
『空に向け  膨らむ蕾  冬の朝』

 

雨上がり

 

1_23.jpg

 

『雨上がり』
 
80*56mm 水彩
 
 
 
一句
『寒梅や  憧れ映す  夢鏡』

 

起き上がり達磨

 

1_21.jpg

『起き上がり達磨』

 
約2寸 カエデ 蜜蝋
 
 
通常起き上がり達磨は、起き上がり易いようにイチョウなどの軽い木を使います。
今日の達磨は、比重の重いカエデを使用しています。
 
起き上がるようにするために形状に気を使うのですが、手に取ったときの存在感は特別なものがあります。
 
 
一句
『不意に聞く  懐かしい歌  冬の夜』