2009年05月

ひまわり


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆


ラトブの6階で行われた、海外の絵本の企画展に行って来ました。


本文は当然外国語なので、英語はともかく、フランス語やスペイン語、ヒンディー語、ハングルなどは残念ながら理解不能でしたが、丹念に描かれた物も多く、なかなか楽しめました。

今回の企画展の趣旨は、より高品質な作品に子供たちが触れられる機会を増やそうと言う普及活動の一環なのでしょう。
スタッフの方々の熱の入れ様も大したものでした。

日本文化の現状についての彼らの論は、あえてここでは書きませんが、芸術やメディアの精神性のあり方とその影響は、目に見えにくいながら重大なものがあり、その責任は大変に深刻だと、僕は思います。

うさぎと妖精


F1号(ハガキの2倍程度) ペンとインク 水彩


麻生VS鳩山の党首討論。
鳩山代表の開き直りには、呆れる以外にどうしろと?


F1号(ハガキの2倍程度) 鉛筆 水彩


読書日記(01)
『ハックルベリイ・フィンの冒険』 マーク・トウェイン 村岡花子訳

トム・ソーヤーの冒険は以前に読んだ事があったが、こちらは手元にはありながら中々読めずに長いこと埃に埋もれていた。
遅まきながらページを開いてみた印象は、前作(トム〜)よりずっと伸びやかに少年の心情や活躍を描かれていると言うこと。

読んでいて、非常に清々しく心地良い。

自分が死んだものと見せかけ父親の元から逃げ出し強かに生きるハックの姿には、憧れすら感じます。

現実に行うことが出来ないけど、憧れてるんですよね、心のどこかで。
ああいう、破天荒な生活。
ケータイやらネットやら、便利な道具を片っ端から全部捨てることが出来たら…、よっぽど幸せに慣れるのではないか。


まだ1/3くらいなので、まだまだ先が楽しみです。

川岸


ハガキサイズ 鉛筆 水彩


珍しく、ペンとインクを使わずに描いてみました。


ロシアで、犬猫に育てられたと言う5歳の女の子が発見されたとか。
生まれてから一切、アパートの部屋から出たことがなく、複数の犬や猫と生活してたらしい。
でも母親はいて、事情聴取を受けている。

文面通り信頼はできないような気もしますが、これも現代の闇の一端なのでしょう。

峠道


540*390mm(賞状の2倍くらい) ペンとインク 色鉛筆

峠って好きなんです。
登りから下りへの移り変わる時、いろんな思い出が湧き上がってきます。

夕暮れ


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆


バガボンドで、自信は柔軟、硬くなるのは気負い…、みたいな事を書いていたと思います。

後から振り返ってみると、鼻歌歌いながら描いたような絵のほうがいい感じだったり、確かにありますね。

宝探し


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆


旅は道連れ世は情け、
多少の迷惑はご愛嬌。

きっと良い思い出になりますね。

ミュージシャン


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆


図書館で仕事が出来ないかと思ったんですが、冷房が辛くて断念。

職員の方は上着を着たりしてしのいでるようですが、結構大変でしょうねぇ。

willful girl


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆


最近はすっかり運動不足…。

体力が落ちてるせいか、一日中眠くてしょうがない…。

キャンプ


105*75mm(ハガキの半分くらい) ペンとインク 色鉛筆



CPU相手に碁を打っていたら、すっかり夜更かししてしまう。

囲碁って、いったん始めるとなかなかやめられないものですね。