2013年12月

よいお年を

03_12_31.jpg

『よいお年を』

80*56mm 水彩
 
 
思えばあっという間の一年と思うのも、異国の災難を思えば幸せなことなのでしょう。
 
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
 
 
 
一句
『大晦日  紅白を見て  酒呑んで』

 

冬の山

03_12_27.jpg

『冬の山』

80*73mm 水彩
 
 
 
一句
『一人持つ  先への期待  年の暮れ』

 

左馬

03_12_26.jpg

『左馬』

80*75mm 水彩
 
 
軸足の関係か、馬に乗る時右側から乗ろうとすると乗りにくく、ともすれば落馬することもあるらしい。
左から乗れば落ちずに安心という事で、縁起物の左馬です。
 
バイクも右からは跨りにくいです。
乗馬の経験もあるのですが、右からは乗るのは、想像するだけで怖いです。
 
 
一句
『火鉢燃ゆ  日毎に慣れる  寒さ哉』

 

桃割れこけし

DSCF1061.JPG

『桃割れこけし』

8寸 カエデ 白蝋
 
 
 
一句
『先生に  走ってもらう  年の暮れ』

 

季節

03_12_20.jpg

『季節』

80*50mm 水彩
 
 
 
一句
『風の巻く  窓鳴る寒夜  暮れる年』

 

季節

03_12_19.jpg

『季節』

80*56mm 水彩
 
 
電気も灯油も消費しない薪ストーブ。
失われた文化の囲炉裏は、薪ストーブの1/5の燃料消費で暖を取れるらしい。
恐るべき省エネの文化が、過去に存在しているのです。
 
ただし囲炉裏を活用するには、家屋の構造を、それ用に変更する必要がある。
現代のライフスタイルに適合するような、新しい囲炉裏の在り方。
そんなアイデアが出てこないかなぁ。まぁ自分で考えるべきですが…。
 
 
一句
『炭ガラを  足す夜の暮らし  年の暮れ』

 

墨菊模様こけし

DSCF1060.JPG

『墨菊模様こけし』

8寸 カエデ
 
 
 
一句
『薄曇り  火鉢を抱え  人眠り』

 

03_12_17.jpg

『糸』

80*32mm 墨
 
 
 
一句
『足早に  クリスマスカラーに  変わる街』

 

野の花

03_12_16.jpg

『野の花』

80*56mm 水彩
 
 
 
一句
『ささやかな  炭火に温む  年の暮れ』

 

うさぎ

03_12_14.jpg

『うさぎ』

80*75mm 墨
 
 
今日は何の日だったかと気になっていたら、討ち入りの日であったか。
 
 
一句
『討入りも  話題に上らぬ  日頃哉』