2012年05月

群像



『群像』

90*65mm ペンとインク


『男の洗濯』という本を読んだ。

純然たる、「洗濯」の教科書です。
それも男性向けの、趣味性の強い内容。

作業着の洗い方や、デニムの色落ちを抑える洗い方など、なかなか役立ちそうです。
衣類の汚れを落とすのも、奥が深いですな(^^)。


一句
『続く雲  首筋撫でる  初夏の風』

くびれ梅こけし





『くびれ梅こけし』

1尺 カエデ 蜜蝋仕上げ ガラ入り 首はめ込み


カエデの木は独特のツヤがあり、やや赤みがかった肌合いです。
吸水性がミズキより小さく、滲みの少ない描彩で、きりりとした緊張感があります。

ガラ入りとは、頭に小豆を仕込み、振るとマスカラのように音が出る細工。
さらに、鳴子こけしのように首が回るように作りました。

なかなか手間のかかるこけしです(^_^;)。


一句
『夏の夜  夜風に応える  蛙たち』

心の糸



『心の糸』

90*65mm 水彩


念願の、レザーのメンテナンス書を手に入れた!
今までは漠然と手入れをしていたが、今後は的確に出来るようになるでしょう。

これで、高価な革製品を手にしても怖くないです(^^)。


一句
『夏の雨  染み入る音の  夢心地』

うさぎ



『うさぎ』

90*65mm 鉛筆


久々にバイクに乗った気がしますが、乗ってみてビックリしました。
さ、寒くない!?

晩秋に免許を取り、冬に納車したので、暖かい季節に乗るのは初体験になります。
何というか、乗ってて良かった(^^)。


一句
『初夏の宵  居残る夕日に  身は軽く』

めがね



『めがね』

90*65mm ペンとインク 水彩


豊後梅の葉が縮れていると思ったら、早くもアブラムシ出現…。

剪定の夏が始まるなぁ。


一句
『いち早く  葉に現れる  油虫』

暮れる日に



『暮れる日に』

90*65mm 水彩


海外では、囲碁や将棋はスポーツに分類されるらしい。
テレビゲームも「eスポーツ」と呼ばれたりするとか。

僕の個人的な感覚として、スポーツというと「身体運動」とか「体育」を意味しているような印象を持っているが、実際には競技全般を指しているのでしょうか。


一句
『来ては去る  夏の嵐は  足早に』

山形県知事賞受賞



変わった形のトロフィを頂きました。

明日は立夏。
気が付けば、春は今日でお終いなんですね。


一句
『花びらの  散る高速道  春終わる』

くびれ梅こけし





『くびれ梅こけし』

8寸 ミズキ 蜜蝋 小倉嘉三郎型


今月、宮城県白石市で行われる「全日本こけしコンクール」にて、わたくし、受賞しました。
「山形県知事賞」を頂くことができました。

その授賞式などに出席するために、明日は宮城に向かいます。

二泊するので、ブログは二日間お休みします(^人^)


一句
『春深し  新たな期待が  風に乗り』