2011年07月

えじこ





『えじこ』

0.8寸  ミズキ


ウズラの卵より、一回り小さいくらい。
頭の部分など、作っている最中に転がって紛失しそうで大変です(^_^;)。


一句
『薄暗き  土用に秋の  服求む』


木地処さとうホームページ…http://www.kijidaruma.com/

人物



『人物』

F4 木炭 ペンとインク


本当に久々の雨と思えば、バケツをひっくり返したような豪雨。
家の前の道路が川になりました(^_^;)。

野良猫は涼しげに、親子で昼寝しています。


一句
『夏の雨  湿りし風に  眠き昼』


木地処さとうホームページ…http://www.kijidaruma.com/

誠最古型ロクロ





『誠最古型ロクロ』

4寸 ミズキ


こちらもご覧ください。
木地処さとうホームページ…http://www.kijidaruma.com/

私が制作する「こけし」に関して、知ることが出来ます。


一句
『窓に見る  蝙蝠飛び交う  燃える空』

雨上がり



『雨上がり』

63*43mm 水彩



一句
『夏の日や  雨を呼び待つ  庭の木々』

カエルのストラップ



『カエルのストラップ』


暗い部屋で撮ったら、何だか怖くなってしまった(^_^;)。

鈴が、涼しげな音を奏でます。


一句
『蝉の声  人の姿の  なき木陰』

カエルの落書き



『カエルの落書き』

A4



一句
『蒸す夜や  残りし飯を  背に思う』

残照の丘



『残照の丘』

127*40mm 水彩



一句
『夏の夜  静けさ破る  暴れ猫』

朝の空気



『朝の空気』

63*43mm 水彩



一句
『涼風や  西瓜の種の  散れる庭』