裕介作こけし

くびれ梅模様こけし

DSCF1186.JPG

『くびれ梅模様こけし』

5寸 ミズキ 蜜蝋
 
 
先月までNHKで放送していた「ごちそうさん」で、糠の付いたままの漬け物をそのままかぶりつくシーンがあった。ネット上の感想を見ると、「汚い」という意見が少なからず見てとれた。
 
抵抗を感じる人は多いと理解しますが、糠漬けは糠の付いたままの方が圧倒的に美味しい、と言うのが私の感想。洗い落としちゃうと、うまみがぐっと落ちるのですが、糠の状態にもよるのかな。
 
 
一句
『赤白と  咲かる花々  春の風』

 

えじこ

DSCF1176.JPG

『えじこ』

径約7cm ミズキ 蜜蝋
 
 
 
 
一句
『綿屑の  揺らめく柔  雪柳』

 

福達磨

DSCF1173.JPG

 

『福達磨』

径3.7寸 カエデ 蜜蝋
 
 
 
一句
『暮れに吹く  湿る香りや  春の雨』

 

大きい ねむりえじこ

DSCF1158.JPG

『大きい ねむりえじこ』

径約10cm ミズキ 蜜蝋
 
 
 
夏ミカンくらいの大きさです。
 
 
 
一句
『眠た気に  見え隠れする  春の月』

 

ねむりえじこ

DSCF1157.JPG

『ねむりえじこ』

径約7cm ミズキ 蜜蝋
 
 
梅の色はあえてラフに塗ることで、動きを出しています。
 
 
一句
『春の雨  季節を待ちし  霞む山』

 

えじこ

DSCF1156.JPG

『えじこ』

径約7cm ミズキ 蜜蝋
 
 
 
最近作る機会が多い気がする。
 
 
 
一句
『変わり行く  残照の青  春の暮れ』

 

えじこ

DSCF1153.JPG

『えじこ』

径約7cm ミズキ
 
 
 
一句
『変わり行く  景色は待たず  冴える春』

 

誠最古型轆轤

DSCF1152.JPG

『誠最古型轆轤』

6寸 ミズキ 蜜蝋
 
 
 
一句
『春霞み  雨の匂いを  運ぶ風』

 

小物入れ

DSCF1149.JPG

『小物入れ』

2寸 ミズキ 蜜蝋
 
 
小物入れに達磨を描いてみた。
 
三寒四温なんて言葉があるのだから、三日寒い日が続いたら四日は暖かくなって欲しいものです。
 
 
一句
『刈り揃う  裸南天  冴える春』