2011年05月

ハンモック(途中経過)



ハンモック(途中経過)


うららかな日差しを見ていたら、むらむらと作りたくなり、紐を買いにホームセンターに直行。
既製品を買う気は、さらさらありませんでした

実際に始めてみて、延々と続く編み地獄の始まりだと気付いた次第…


一句
『夏の夜  嬉し悔しき  酒の味』

グラデーションこけし"赤城山の夕日"





『グラデーションこけし"赤城山の夕日"』

2寸5分 ミズキ


少し変わった方法で色をのせています。
いつの間にか、赤城山の夕日という別名が付いたようです


一句
『初夏の日に  輝く庭の  草木哉』

染まる時刻



『染まる時刻』 

80*60mm 水彩 



一句 
『しっとりと  薄曇る山  初夏の庭』

初夏を歩く



『初夏を歩く』

127*90mm 水彩

赤城山の立夏は、肌寒い一日でした。
仕方がないので、四股を踏み木刀を振り回して体を温める。

四股を踏む動作は面白いです。
みるみるバランス感覚が身に付くのが実感出来ます。
鋭い回し蹴りを、四股踏みで作り上げたと言う格闘かもいるらしい。


一句
『揺れる花  空寒くとも  夏来たる』

薄闇の風は冷たく



『薄闇の風は冷たく』

80*60mm 水彩


明日は立夏。
夏は愛すべき季節ですが、赤城山はまだ肌寒いです。

一句
『木蓮の  香りに見える  終わる春』

続く道



『続く道』

80*60mm 水彩


一句
『春の暮れ  竹の林の  冷たさよ』


庭の桃の木


赤い花道



『赤い花道』

80*60mm 水彩


一句
『知らぬ顔  すます木蓮  春の道』

旅巡る思想



『旅巡る思想』

127*90mm 水彩


赤城山にて製作したこけし、その新作がこちらのホームページで公開されています。

すでに売れてしまったものもありますが、ぜひ見て頂きたく思います。


一句
『桜見上げ  今年の春は  酒ばかり』



『緑』

127*90mm 水彩


5月です。
暦の上ではもうすぐ夏ですが、赤城山はまだ肌寒い日が多いです。


一句
『咲く花も  流れる空も  五月哉』