2011年05月

女人像



『女人像』

高さ19cm ミズキ


こけしを作る技術を応用して製作したもの。
蜜蝋ワックスで仕上げてあり、独特の香りがあります。


一句
『夏盛る  庭の野草で  酒を飲む』

潤う空気



『潤う空気』

127*90mm 水彩


いよいよ初夏らしい気候となり、バイクに乗りたくて堪らなくなります。
免許はないのですが

近いうちに取りたいなぁ。


一句
『夏の夜  灯りに浮かぶ  つつじ哉』

こけし・栄治型くびれ枝梅





『こけし・栄治型くびれ枝梅』

ミズキ 7寸


一句
『夏の日や  我知らぬ猫  歩き行く』

時折、庭に現れる猫。
人間を、全く意に介さない。



阿修羅像正面




『阿修羅像正面』

F4 コンテ



一句
『夏の風  早く寝たいと  願う夜』

祈る



『祈る』

127*90mm 水彩


あいも変わらずウグイスは鳴き、梅は実を付け、蟻は列をなす。
だのに人は、見えない脅威に恐々として過ごす。

「疑心暗鬼」の一字一字を、改めて考えてみたりする。

我々は、結局何を求めてここまで来たのだろうか…。


まるっきり無邪気に、紙に絵具を流している私。


一句
『にわか雨  居ぬ間に実る  実の緑』

2〜3日の間

ネットが不通の場所にいるので、その間はお休みします。
悪しからず(^^;)

雨上がりの空気



『雨上がりの空気』

127*90mm 水彩



一句
『冷たく湿る  夏の林に  抱かれる』

燃え立つ夕暮れ



『燃え立つ夕暮れ』

127*90mm 水彩


今日も一日中雨。
深い霧と、むせ返るような湿気。

地面を飾る、桃の花びら。
霞の向こうから響く、ウグイスの鳴き声。

憮然と花を咲かせる毒草。
竹の林は、変わらず無関心な様子。

息づく山の景色。
なんともよろしい。


一句
『夏の雨  儚きは今  雫の様』

緑の道



『緑の道』

127*90mm 水彩


あれから2ヶ月。
今日は全国的に、大した揺れもなく過ぎたのだろうか。

4月11日があんな感じだったから、どうしても警戒してしまう所ですが、このまま順調に地震が収まって行けばと願うばかりです。


一句
『夏の雨  泣き声響く  霧の山』