2011年01月

微かな風が


 
『微かな風が』
 
127*90mm ペンとインク 色鉛筆
 
 
ホームページを全面改装しました。
こけし工人としての内容になっております。
突貫工事ですが、徐々に充実してゆくでしょう。
 
 
一句
『徐々に増す  氷の厚みや  冬の朝』

高い空


 
『高い空』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
 
一句
『ごうごうと  抜ける北風  舞う雀』

バス停


 
『バス停』
 
127*90mm ボールペン
 
 
泥酔して警察に保護される女性が増加しているらしい。
20代の女性の飲酒人口は、男性を上回っていると言う調査結果もあるとか。
 
周囲を見ても、そんな感じはしますね。
 
 
一句
『冬ざるる  景色を望む  暗き部屋』

イチゴが落ちている


 
『イチゴが落ちている』
 
127*90mm 鉛筆 水彩
 
 
 
一句
『昨日張る  氷の残る  一月や』

冬空


 
『冬空』
 
127*90mm 鉛筆 水彩
 
 
今朝起きたら鼻の先が冷たい。
年が明けても妙に暖かかったいわき市にも、漸く冬がやってきたかと言う朝でした。
 
 
一句
『七草の  名をラジオで聞く  薄氷』

夜明ける気配


 
『夜明ける気配』
 
127*90mm 鉛筆 水彩
 
 
 
一句
『小寒や  日の照る窓辺の  暖かさ』


 
『鳥』
 
127*90mm 水彩
 
 
新年早々、熱が出てきたような…。
 
食欲もないのだけれど、食い意地は衰えないので、普段通り食べてはいます(^_^;)。
 
 
一句
『五日なれど  心はいまだ  三が日』

眠い


 
『眠い』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
 
一句
『もう少し  休んでいたい  四日也』

うららか(彩色)


 
『うららか(彩色)』
 
127*90mm ペンとインク 色鉛筆
 
 
 
一句
『働きに  気も乗り切らぬ  猪日かな』

うららか


 
『うららか』
 
127*90mm ペンとインク
 
 
一月ほど、湯治に行ってきたいものです。
 
 
一句
『正月の  夕日は優し  冬の梅』