2011年02月15日

風が流れる


 
『風が流れる』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
近頃向かいの家の屋根に、シラサギらしき鳥が一羽とまって、辺りをじろじろ見ている。
大きさがカラスの2倍以上ありそうな鳥が屋根にいるのは、かなり異様な光景でびっくりしたが、何か探しているのだろうか…。
 
 
一句
『春の朝  寒空仰ぐ  迷い鷺』
 
 
ホームページ