こけしの郷便り

アマビエこけしの収益の一部が寄付されます

三代目佐藤英之です。

4月3日に妖精アマビエこけしを発表してからまだ1カ月もたっておりませんが、私たちの予想をはるかに超える反響、ご注文をお寄せいただいております。

木地処さとうは、こけしが世の中のお役に立つことを願っております。
予想を超えるご注文数がありましたので、その収益の一部を寄付することにいたしました。

寄付先は検討中ですが、新型コロナウイルスから社会を守ってくださっている方々に贈りたいと考えております。

私はこれまで18年間こけしを作ってきましたが、これほど多くの方に熱望されるこけしを見たことがありません。
妖精アマビエこけしを一人でも多くの方に届けるため、頑張って製作を続けてまいります。

一日も早い終息を願って、がんばりましょう!