コンテンツ

ネット店長 三代目工人 佐藤英之(さとうひでゆき)

佐藤英之
生年月日 昭和52年8月2日 福島県いわき市生まれ
血液型 O型
好きな言葉 「情けは人のためならず」そのこころは・・・
『自分自身の成長のために、本当の意味で強く、優しい人間を目指したいですね。』

※平成23年赤城山仮設工房にて

佐藤英之のこけし

少年時代

昭和52年福島県いわき市で生まれる。幼い頃から活発な子どもで、こけしの木の切れ端で飛行機を作ってみたり、当時はやっていたミニ四駆に没頭するなど、ものを作ることは好きな男の子だった。

15歳での旅立ち

高校受験の時期にさしかかり、周囲の友達が次々と志望校を決めていく中、「いわきには行きたい高校はない、奈良県の天理高校に行く」と決め、実現した。 幼少の頃から、祖父母が信仰していた天理教の影響があったのかもしれない。(野球をしに行った訳ではない)厳しい寮生活にも耐え、大切な仲間もできた。仲間たちに聞くと、当時の彼は、「こけしは継がない」と言っていたそうである。

こけしの道へいざなう叔父

高校3年間を終え、大阪府所在の関西外国語大学に入学。高校時代は神童と言われた彼も、大学という世界に入ると、自分以上に勉学の才能が溢れる人達に囲 まれ、凡人以下の悔しさを感じることもあったようだ。しかし、持ち前の明るさのおかげか、人から頼られることも多く、友人はかなり多かった。
大学入学してすぐ、誠孝の兄、光良が亡くなった。それから初めて、ずっと自分を気にかけてくれていた叔父の著書「父のこけし」を読む。その時ぼんやりと、自分が生まれた「こけしの世界」というものを考え、自分がいつかその道に入ると感じていたのかもしれない。

学生から社会人へ

卒業後すぐにこけしの道へということも一度は考えたが、広い世界をこの目で見なければと、大阪の某専門商社に入社。世の中の厳しさ、仕事とはどういう姿勢で臨むべきかをそこで勉強した。

サラリーマンからこけし工人へ

平成14年7月。2年と3ヶ月勤務した会社を辞め、長年住んだ関西地方と別れを告げ、約10年ぶりにいわきへ戻り、こけしの修行を始める。
平成14年暮れから木地挽きも始め、平成15年5月の弥治郎こけし工人会総会にて、弥治郎系伝統こけし工人に承認、デビューとなる。

制作活動以外にも、ホームページを通じて、こけしを全国そして世界へ伝える活動を続ける。
他、地元を中心にしたイベント活動、こけし作り体験教室、こままわし大会、けん玉教室と活動は多岐にわたる。
こけしコンクールでは、岩手県知事賞を始め9度の入賞を果たしている。(平成22年1月現在の記録)
現在は祖父誠型を中心に、小倉嘉三郎型、大野栄治型こけし製作に取り組んでいる。
平成22年には、毎年1月2日に弥治郎こけし神社で行われている「初挽き」工人に選出された。

こけしコンクール受賞歴

平成16年 読売新聞社賞 全国こけし祭りコンクール
審査員奨励賞 全国こけし祭りコンクール
岩手県知事賞 みちのくこけしまつりコンクール
平成17年 読売新聞社賞 全国こけし祭りコンクール
山形県観光物産協会長賞 みちのくこけしまつりコンクール
平成18年 河北新報社賞 全日本こけしコンクール
宮城テレビ放送賞 全国こけし祭りコンクール
平成20年 みちのくこけし協会長賞 みちのくこけしまつりコンクール
平成21年 東日本放送賞 全国こけし祭りコンクール
平成22年 山形市長賞 全日本こけしコンクール
宮城県物産振興協会長賞 全国こけし祭りコンクール