コンテンツ

四代目 佐藤裕介工人(さとうゆうすけ)

佐藤裕介
生年月日 昭和57年4月6日 福島県いわき市生まれ

佐藤裕介のこけし

幼い頃から絵画に深い興味を持ち、高校卒業後は絵画関係の専門学校へ進む。その後も独学で絵画を磨き、平成25年ころより雅号「夏井裕」として地元を中心に絵画活動を行っていました。
学生の頃から手伝いをしていましたが、平成21年10月より、父誠孝を師匠として、正式にこけしの修行を始めました

平成21年10月より、父誠孝を師匠として正式にこけしの修行を始めました。
絵画の経験から生まれる筆使いで、特に描彩は初期から高い評価を受けていました。

画家時代の経験から生まれた、「グラデーションこけし」「グラデーションねむりえじこ」は若いこけしファンを中心に大きな人気を集めています。

こけしコンクール受賞歴

平成22年 鳴子温泉観光協会長賞 全国こけし祭りコンクール
審査員奨励賞 全国こけし祭りコンクール

全国には、年間に『三大こけしコンクール』が開かれています。

  1. 全日本こけしコンクール(5月・宮城県白石市)
  2. 全国こけし祭り(9月・宮城県大崎市鳴子温泉町)
  3. みちのくこけしまつり(10月・山形県山形市)

各コンクールで受賞をいただいております。
大臣賞はコンクールでも指折りの上位賞であり、中でも内閣総理大臣賞は最高賞となっております。