コンテンツ

こけしはいつ、どこで、なぜ生まれた?

  •  こけしは、いつ・どこで・なんのために生まれたのか?とはよく言われることですが、みなさんはどう思いますか?
    今日はこけしの誕生について、改めて考えてみたいと思います。

こけしはいつ生まれた?

日本で最初に作られたこけしはどんなものかということは、こけしの最大の研究テーマと言えます。現在のところはっきりわかっていません。はっきりしていることは、木地師(ろくろで木を丸く加工する職人)が作り出したということだけです。
江戸時代以前には作られていたことはわかっています。近年になり、奇跡的に江戸時代に作られたと推定されるこけしが発見されました!

こけし研究家 高橋五郎氏所蔵品

こけしはどこで生まれた?

 伝統こけしの発祥地は、東北地方だけに存在しています。なぜ東北地方だけなのか?それは伝統こけしの不思議なひとつですが、東北の風土と人が生み出したのではないかと言われています。

 東北地方の産業は農業が中心でした。そして冬になると雪に閉ざされ、農閑期という時期があります。
田んぼや畑仕事はできないし、外は雪だし・・・だからといって休んでばかりいないのが東北人。
農閑期にできる仕事を作り出しました。東北の各地では、農閑期に発達した文化が存在します。こけしなどの民芸品は、農閑期の副業としての存在意義が大きかったようですね。こけし工人の最初は兼業農家だったと言えると思います。

「こけしは冬の間もよく働くまじめな農家のおじさんから生まれた!」と推測します。

こけしはなんのために生まれた?

湯治場のおみやげとして誕生したとか、子供の遊び相手に与えたとか、諸説あります。どれも間違いないことだと思いますが、やはり農閑期にかかわっている様な気がします。

東北では昔から「湯治」という、農閑期に温泉で疲れや傷をいやす文化がありました。
東北ではあちこちで温泉が湧いています。湯治は、自炊しながら長期間滞在するのがふつうだったので、大きな温泉ではたくさんの人が集まったんでしょう。 そうなればお店が繁盛するのも想像がつきます。そこでこけしのような人形が並んでいた、そんな光景を僕は想像します。

留守番の孫さんへのお土産にこけしを選び、時にはマッサージ器具としてこけしを肩や背中に当てたという話を聞いたことがあります。このエピソードだけでも、こけしが子供の遊び相手であり、温泉地のお土産として作られていたことがわかりますね。

現代のこけし

 こけしは元々の目的である「子供の遊び相手」「旅先のお土産」「愛好家のコレクション」に加えて、現代では「こけしの素朴な魅力が人の心を癒す」という点が大きくなってきたようです。 どんな癒しになるかは人それぞれ異なると思われますが、日々の暮らしの中でこけしが少し気持ちを明るくするお手伝いができたら、こけしを生み出す工人は嬉しいものです。みなさんのこけしへの思いを聞くことができたら、工人はもっといいこけしを作ることができることでしょう。ぜひあなたの思いを工人に伝えてくださいね!