コンテンツ

こけしの生まれ

 こけしは、いつ・どこで・なんのために生まれたのか?とはよく言われることですが、みなさんはどう思いますか?
今日はこけしの誕生について、改めて考えてみたいと思います。

こけしはいつ生まれた?

時は明治。開国した日本に外国製のおもちゃが輸入され、こけしは絶滅の危機を迎えます。
ということは、それ以前からこけしが存在したことは確かですが、最初のこけしの生年月日ははっきりわかっていません。
江戸時代以前には作られていたことはわかっていますが、その頃のこけしはほとんど残っていないそうです。もしどこかで見る機会があったら、それは大変貴重なチャンスですね!

こけしはどこで生まれた?

 東北地方の産業は農業が中心でした。そして冬になると雪に閉ざされ、農閑期という時期があります。
田んぼや畑仕事はできないし、外は雪だし・・・だからといって休んでばかりいないのが東北人。
農閑期にできる仕事を作り出しました。東北の各地では、農閑期に発達した文化が存在します。こけしなどの民芸品は、農閑期の副業としての存在意義が大きかったようですね。こけし工人の最初は兼業農家だったと言えると思います。

「こけしは冬の間もよく働くまじめな農家のおじさんから生まれた!」と推測します。

こけしはなんのために生まれた?

湯治場のおみやげとして誕生したとか、子供のおもちゃに与えたとか、諸説あります。どれも間違いないことだと思いますが、やはり農閑期にかかわっている様な気がします。

東北では昔から「湯治」という、農閑期に温泉で疲れや傷をいやす文化がありました。
東北ではあちこちで温泉が湧いています。湯治は、自炊しながら長期間滞在するのがふつうだったので、大きな温泉ではたくさんの人が集まったんでしょう。 そうなればお店が繁盛するのも想像がつきます。そこでこけしのような人形が並んでいた、そんな光景を僕は想像します。

留守番の孫さんへのお土産にこけしを選び、時にはマッサージ器具としてこけしを肩や背中に当てたという話を聞いたことがあります。このエピソードだけでも、こけしが子供のおもちゃであり、温泉地のお土産として作られていたことがわかりますね。

今のこけし

今は全国民がとっても忙しい時代になったので、湯治をするような習慣は一部に残るだけのようですが、いいですよね~冬の間は仕事はお休みで、温泉地でバカンス!まるでヨーロッパのようです。 日本にもそんな習慣が復活することを願います(笑)

毎日仕事が忙しい方がほとんどだと思いますので、時々温泉地に旅行することもままならない時代になりましたが、そんな中だからこそこけしを時々眺めて、心癒されるひとときが貴重なのかもしれませんね!

そう考えるとこけしの役割も新時代になってきたのかもしれません。

三代目英之