2013年12月28日

こけしノ家クリスマスパーティー

12月14日、水戸において行われたこけしノ家クリスマスパーティに行ってまいりました。このイベントを祝福するかのような快晴に恵まれ、驚くほどの盛況ぶりでした!わたしはこのようなこけしのイベントに参加するのは初めてだったのですが、こけしを愛するみなさんがあんなにたくさんいらっしゃるとは正直思いもよりませんでした。

 

会場の写真を少し。

mito01.jpg

主人の実演用のろくろです。これ、組み立て式でばらして車に乗せて持って行きました。わたしはろくろを積み込むとき見ていなかったので、組み立てが終わったときは「こんな大きなものになるのか~!」と普通にびっくりしました。

 

今回の実演は時間を区切って色んな種類のこけしを作っていました。

5~6寸のこけし、ねむりえじこ、極小こけしなどなど。

こけしファンのみなさんは何も見逃さないぞ!と言わんばかりに一生懸命覗き込んで見学してくださっていました。ほんとにただ墨を磨っているときもそれはもう熱心に一言も発することなく…。(ちなみに特に変わった磨り方はしていません。ごく普通です(^^;))

jituen01.jpg

 

実演中、なんだか今回は色んなものが落下するという事故が多発していました。極めつけは染料!!主人手作りの自慢の(?!) 染料の瓶セットがどば~ん!と窓に向かって落ちてしまい、(お客様に向かって落ちなくて本当に良かったです。)その瞬間主人は頭が真っ白になったそうです。染料がないということは、こけしを描くことができないということです。しかもこの時間は午前中だったため、まだまだ実演の予定がありました。ピ~ンチ!!

さて、どうしたと思いますか??

iremono01.jpg

↑主人お手製の染料入れ。これが落ちた!

 

瓶セットを引き上げてみると底の方に全色すこ~しだけ染料が残っていて、残りの時間はこの残った染料でなんとか凌ぐことができたみたいです。落下のし方によって染料の量に差があったので、実演中のこけしは本当に一点もののデザインとなりました。

こんな風にちょっと苦労してできたこけしはやはり見ていてくださるお客様にはよく伝わるのか、「実演を見ていると愛着がわいた~!これ買うことできますか?」とご購入くださるお客様も。あのこけしたち、可愛がられているといいなぁ。

 

主人が実演をするその一方でわたしはお客様とお話をしたり、こけしの販売をしたりしていたのですが、このブログを読んでくださっている方に何人もお会いできました。

『失礼ですがみやびさんですか?』『この実演をしている方とご夫婦なんですか?ということはブログを書かれている方ですか?』と言っていただき、このブログの向こう側にたくさんの方がいて読んでくださっているのだなぁと感慨深い思いでした。

 

展示販売のブースの写真も少し。展示販売スペースを広く取っていただいたのでこけしたちをたくさん置いた他、今回は木地処さとうが紹介されている書籍も何冊か置いてお客さまに見ていただくことができました。

mitozentai.jpg

 

 

mito04.jpg

こちらはクリスマスオーナメントこけしです。なんと完売!紐がついているのでクリスマスが終わったらバッグなどにキーホルダーのようにつけてもかわいいですよね。

 

mito03.jpg

お雛様のセットも特別展示し、受注しました。興味を示されるかた続出!!七段飾りもいいですが、木でできたぬくもりのあるこけしのお雛様を玄関などに飾るのもとても素敵だと思います。七段飾りに比べるとお値段もかなりリーズナブルです。

お雛さまアップはこちら。詳細はホームページをご覧になってくださいね。

hina.jpg

お雛様は1月8日まで期間限定で受注しています!

 

 

これほどまでに盛況となったイベント。

やはり主催者の方々のこけしへの愛がイベント成功につながっているとわたしたち夫婦はお見受けいたしました。

本当に楽しいイベントになりました。

 

イベントに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

そしてこけしノ家の皆様、大変お世話になりました。

 

またいずれ、このような素敵なイベントで皆様にお目にかかれる日を楽しみにしております!

 

そうそう、わたしたち木地処さとうの展示販売スペースの横では木工作家のカガモクさんがワークショップをなさっていました。このカガモクさんのご主人が…

なんとわたしと同じ中学の出身だったのです!しかも1年間だけ同じ時期に中学に通っていたんです!!!こんなところに~~~!!

この日一番びっくりしたことでした☆

 

2013年12月28日 みやび

美文字

最近、美文字ブームだそうです。テレビのバラエティー番組でも正しい書き順を競ったり(正しい表現ができているか分かりませんが…(^^;))どのようにバランスを取ればキレイな文字を書くことができるかなどが特集されたりしています。

わたしも木地処さとうで少しお手伝いをするようになってから、手書きの文字を書くことが増えました。そこで気をつけているのは、とにかく丁寧に一文字一文字書くこと。これだけでもずいぶん違うハズ!と信じています。(←なかば自己満足ですが…)

結婚前、まだわたしが勤めていたころ、時々ですが手書きの履歴書を目にすることがありました。丁寧に一生懸命考えて書かれているのは見ていて伝わるんですよね。これを機にわたしは手書きするときの意識が変わりました。

そこで今年、年賀状を生まれて初めて筆で宛名書きしました。受け取ってくださる人のことを思い浮かべながら、特に名前に関しては丁寧に書きました。下手でも丁寧に。

最初は筆に緊張していたのですが、慣れてくると字を書くのも楽しく、思いのほかそれほど大変ではありませんでした。できれば毎年、筆の手書きで宛名を書きたいものです(*^^*)

 

みなさん、年賀状はもう出しましたか??

2013年12月28日 みやび