2011年02月

うらら


 
『うらら』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
私の剣道稽古の環境は、同世代がおらず、2倍以上人生を生きていらっしゃる年配方が9割9分を占めています。
つまり、周りのほぼ全員が先生と呼べる方で、その長い経験から色々なことを教えていただいています。
 
ただ、やはり年の近い、ライバルになるような相手がいれば…、とも少し思います。
肉と骨を軋ませ合えるような相手、続けていれば、どこかで出会えるかもしれませんが。
 
 
一句
『早春や  たまの陽気に  気も盛り』
 
 
ホームページ

風が流れる


 
『風が流れる』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
近頃向かいの家の屋根に、シラサギらしき鳥が一羽とまって、辺りをじろじろ見ている。
大きさがカラスの2倍以上ありそうな鳥が屋根にいるのは、かなり異様な光景でびっくりしたが、何か探しているのだろうか…。
 
 
一句
『春の朝  寒空仰ぐ  迷い鷺』
 
 
ホームページ

過ぎ去りし日々


 
『過ぎ去りし日々』
 
127*90mm 鉛筆
 
 
今年のバレンタインデーは平日。
世の中の女性は、義理チョコの用意でいろいろと大変らしいですね。
 
一月後に3倍になって帰ってくる、投資みたいな物でもあるらしいですが…。
 
 
一句
『春寒し  夜道を走る  野良猫の尾』
 
 
ホームページ