こけしの郷便り

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
昨年中も本当にたくさんのお客様に木地処さとうのこけしを手に取っていただき誠にありがとうございました。

こけしは250年以上も昔から変わらない形、変わらない製法を貫いてきています。
時代が目まぐるしく変化していく中で、それを続けることが難しいときもありましたが、
なんとか努力を重ねることで今までこけしを作り続けることができています。

NHK連続テレビ小説べっぴんさんの中で、靴職人あさやさんが最後の靴を仕上げた後、
偽物を作られて悩んでいたヒロインに「本物を作る。それだけです」とかけた一言が心に響きました。
250年以上もの歴史の中で、自分たちがどれだけ本物と呼べるものを作れているのかは正直わかりませんが、
こけしができあがるまでのたくさんの工程をすべて心を込めてしっかりと作る。
これしか本物を作れる道はないと信じます。
工人が心を込めて作り上げたこけしは、安く販売することはできません。
でも手に取った方には暮らしの中でなにかお役に立てる作品づくりをしていきたいと心から思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

【木地処さとう】工人一同

nengajo2017.jpg

ページの先頭へ